〈異郷〉としての大連・上海・台北(たいぺい)[和田博文]
  • Googleプレビュー

〈異郷〉としての大連・上海・台北
和田博文

4,536円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年03月
  • 著者/編集:   和田博文黄翠娥
  • 出版社:   勉誠出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  432,
  • ISBNコード:  9784585220978

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
“異郷”である東アジアの都市で日本人は「自己」と「他者」をどのように捉えたのかー。中国大陸部を代表する港湾都市である大連と上海、台湾最大の都市・台北に焦点を当て、19世紀後半〜20世紀前半の「外地」における都市体験を考察。日本人の異文化体験・交流から、政治史、経済史、外交史からは見えない新しい歴史を探る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 “異郷”としての大連・上海・台北(座談会 “異郷”としての大連・上海・台北)/2 “異郷”としての大連(大連の日本人社会/夏目漱石ー漱石に語られる「満洲」像 ほか)/3 “異郷”としての上海(上海の日本人社会/河井仙郎ー日本印学の観止・近世印学の別幟 ほか)/4 “異郷”としての台北(台北の日本人社会/佐藤春夫ー「魔鳥」と「霧社」における台湾原住民像 ほか)/5 資料編

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
和田博文(ワダヒロフミ)
東洋大学文学部教授。神戸大学大学院文化学研究科博士課程中退。専門は文化学・日本近代文学

黄翠娥(コウスイガ)
輔仁大学外国語学部日本語文学科教授。東北大学大学院文学研究科博士課程中退。専門は日本近代文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

4,536円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ