楽天Kobo・RakutenTV・楽天マガジンを初めてご利用で楽天ブックスでのお買いものがポイント最大28倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 歴史 > 世界史
なぜ書きつづけてきたかなぜ沈黙してきたか増補済州島四・三事件の記憶と文学(平凡社ライブラリー)[金石範]
  • Googleプレビュー

なぜ書きつづけてきたかなぜ沈黙してきたか増補 済州島四・三事件の記憶と文学 (平凡社ライブラリー)
金石範

1,540(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (全集・双書)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

一九四八年四月三日、済州島で、朝鮮の南北分断に反対する武装蜂起は、三万人以上が犠牲となるジェノサイドとなった。この済州島四・三事件を半世紀にわたって書きつづけてきた小説家・金石範と蜂起に参加しながら沈黙してきた詩人・金時鐘との政治・歴史・文学をめぐる激烈なる対話。14年ぶりの対談を増補!!

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 「解放」から四・三前夜まで(「解放」をどのように迎えたのか/「解放」直後ー民族独立への動き/信託統治問題と米ソの対立 ほか)/第2部 四・三事件とその意味(四・三蜂起当日と直後/五月一〇日の単独選挙ボイコット/郵便局事件 ほか)/第3部 悲しむ自由の喜び(二〇〇〇年代の四・三/「鬼門」だった韓国/金時鐘、半世紀ぶりの済州島 ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

金石範(キムソクポム)
1925年、大阪生まれ。小説家。「鴉の死」(1957)以来、済州島四・三事件を書き続け、1万1000枚の大長編『火山島』(1976-97)を完成させる

金時鐘(キムシジョン)
1929年、朝鮮生まれ。詩人。済州四・三の蜂起に南労党員として関わり、日本に脱出

文京洙(ムンギョンス)
1950年、東京生まれ。立命館大学国際関係学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ