習近平の中国[宮本雄二]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

習近平の中国 (新潮新書)
宮本雄二

836(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(1件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 習近平の中国(新潮新書) 660円
紙書籍版 習近平の中国 836円

商品基本情報

  • 発売日:  2015年05月18日頃
  • 著者/編集:   宮本雄二
  • レーベル:   新潮新書
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  231p
  • ISBNコード:  9784106106194

商品説明

【内容情報】(出版社より)
元中国大使がここまで書いた! 総書記就任以来、習近平が猛烈なスピードで進める改革によって、共産党一党支配の基盤は崩れつつあるーー。「習近平を最もよく知る外交官」による中国論。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
猛烈な反腐敗闘争、戦後秩序を揺さぶる外交攻勢、急減速する経済の立て直しー。二〇一二年の総書記就任以来、習近平は猛烈なスピードで改革を進めている。基本的な方向性は間違っていない。しかし、まさにその改革によって、共産党一党支配の基盤は崩れていかざるを得ない。危ういジレンマに直面する中国は今後、どこに向かうのか。中国大使をつとめ、習近平を知悉する外交官が描いた「苦闘する超大国」の実情。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 共産党の「隠したがり体質」が陰謀論を生む/第2章 組織は強大でも人材不足の共産党/第3章 現政権を呪縛する江沢民の「遺産」/第4章 必要悪としての権力集中/第5章 「トラ退治」はどこまで進むか/第6章 「みんなの党」になった共産党の矛盾/第7章 習近平は中国をどこに向かわせようとしているのか/第8章 「軍拡」を必要以上に恐れるな/第9章 中国の未来と日中関係の行く末

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宮本雄二(ミヤモトユウジ)
1946(昭和21)年生まれ。宮本アジア研究所代表。京都大学法学部卒。69年に外務省に入省。駐ミャンマー大使、沖縄担当大使を経て、駐中国大使(2006〜10年)。2010年に退官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(9件)

総合評価
 3.78

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    2. 2
      人新世の「資本論」
      人新世の「資本論」

      斎藤 幸平

      1,122円(税込)

    3. 3
      新しい世界 世界の賢人16人が語る未来
      新しい世界 世界の賢人16人が語る未来

      クーリエ・ジャポン

      990円(税込)

    4. 4
      モモ
      モモ

      ミヒャエル・エンデ

      880円(税込)

    5. 5
      新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実
      新型コロナとワクチン 知らないと不都合…

      峰 宗太郎

      935円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ