戦後日本の社会思想史[小野寺研太]
  • Googleプレビュー

戦後日本の社会思想史 近代化と「市民社会」の変遷
小野寺研太

3,672円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年06月
  • 著者/編集:   小野寺研太
  • 出版社:   以文社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  316,
  • ISBNコード:  9784753103263

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦後70年の歴史を“市民社会”という言葉をキーワードにして、「自由な市民が社会とどのように向き合おうとして来たか」というテーマをめぐる社会認識の歴史、戦後日本の“近代化”をめぐる壮大な思想史でもある。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 戦中期の市民社会概念ー統制経済論と生産力論(“近代”再編の戦中的文脈/普遍的“近代”への軌道修正 ほか)/第2章 「人民」の水平的紐帯ー戦後初期の内田義彦(講座派マルクス主義と市民社会概念/「人民」に「市民社会」 ほか)/第3章 戦後社会の文化変容と市民社会編ー六〇年代の内田義彦戦後社会の文化変容/「市民社会」の主体像/第4章 「自治」のリアリズムー松下圭一の思想遍歴(「市民」政治学の思想原理/「大衆社会」と「二重構造」 ほか)/第5章 二つの正統派批判ー市民社会論的社会主義(「西欧」知識人マルクスへの原点回帰/「依存関係」の世界史把握 ほか)/第6章 「市民社会」とユートピアー見田宗介/真木悠介の社会理論(“近代”認識の転回/「歴史」と「構造」 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小野寺研太(オノデラケンタ)
1982年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在、東京大学大学院総合文化研究科学術研究員および埼玉大学ほか非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,672円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      極上の孤独
      極上の孤独

      下重暁子

      842円(税込)

    2. 2
      ポイズンドーター・ホーリーマザー
      ポイズンドーター・ホーリーマザー

      湊かなえ

      648円(税込)

    3. 3
      【予約】マスコミ偽善者列伝
      【予約】マスコミ偽善者列伝

      加地伸行

      1,500円(税込)

    4. 4
      おしりたんてい みはらしそうの かいじけん
      おしりたんてい みはらしそうの かいじ…

      トロル

      1,058円(税込)

    5. 5
      清原和博 告白
      清原和博 告白

      清原 和博

      1,728円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ