十字架を背負った尾根[清泉亮]
  • Googleプレビュー

十字架を背負った尾根 日航機墜落現場の知られざる四季
清泉亮

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年07月17日頃
  • 著者/編集:   清泉亮
  • 出版社:   草思社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  200p
  • ISBNコード:  9784794221438

商品説明

【内容情報】(出版社より)
30年前の1985年8月12日、日本航空123便は524名の乗客乗員とともに群馬県上野村の深山に墜落した。「御巣鷹の尾根」と呼ばれるようになった現場は、誰も足を踏み入れたことのない人跡未踏の難所であった。<br>123便は御巣鷹の尾根に墜落する前に、手前の山に2か所、接触している。「一本カラマツ」が立つ場所と、木々がU字形にえぐれたままの「U字溝」と呼ばれる場所である。その現場を探し、その場に行ってみたいという遺族の想いを背負って事故から30年、地元の人々によって登山道が作られ、整備されつづけられている。現場近くに移り住んだ著者は地元の人たちと寄り添うように遺族も知らぬ「尾根の四季」を静かな筆致で描く。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
まだ誰も目にしたことのない山深き慰霊の地が育む、四季という鎮魂の音色。山を守る人間とともに見つめた「御巣鷹の尾根」30年目の鎮魂の景色。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 八月十二日/第1章 晩秋/第2章 降雪/第3章 雪融け/第4章 芽吹き/第5章 盛夏

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
清泉亮(セイセントオル)
1974年生まれ。市井に生きる人々と現場に密着し、時代とともに消えゆく記憶を書きとめた作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    Miyakinchan
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2015年08月30日

    今まで日航機墜落関連の本を何冊か読みましたが、こちらもなかなか読み応えがあり、今後の空の安全のために事故を風化させず、ずっと忘れてはいけないと思いました。

    1人が参考になったと回答

  • 運命とは 決められたものなのでしょうか?
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年12月30日

    日航機墜落事故現場である御巣鷹の尾根を「守る人々」という、今までの日航機墜落事故とはすこし違う視点の本です。
    もし、あのとき、御巣鷹に墜落していなかったら「守る人々」は今頃なにを考え、なにをしていたのでしょうか。
    運命とは 決められたものなのか、、、とすこし感じてしまう本です。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

1,944円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      お金は寝かせて増やしなさい
      電子書籍お金は寝かせて増やしなさい

      水瀬ケンイチ

      1,296円(税込)

    2. 2
      【予約】会社四季報 2018年1集 新春号
      電子書籍【予約】会社四季報 2018年1集 新春号

      会社四季報編集部

      1,944円(税込)

    3. 3
      財務省が日本を滅ぼす
      電子書籍財務省が日本を滅ぼす

      三橋貴明

      1,361円(税込)

    4. 4
      成功のコンセプト
      電子書籍成功のコンセプト

      三木谷浩史

      486円(税込)

    5. 5
      孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術
      電子書籍孫社長にたたきこまれた すごい「数値化…

      三木雄信

      1,280円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ