戦地で生きる支えとなった115通の恋文[稲垣麻由美]
  • Googleプレビュー

戦地で生きる支えとなった115通の恋文
稲垣麻由美

1,404円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 戦地で生きる支えとなった115通の恋文 1,134円
紙書籍版 戦地で生きる支えとなった115通の恋文 1,404円

商品基本情報

  • 発売日:  2015年07月23日頃
  • 著者/編集:   稲垣麻由美
  • 出版社:   扶桑社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  191p
  • ISBNコード:  9784594073015

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1944年、激戦の地フィリピン・ミンダナオ島。「ミンタルの虎」と呼ばれた男のそばには、いつも妻からの手紙があった。1946年、復員した夫のリュックの中にあったのは、氷砂糖と干しぶどう、そして、妻からの115通の恋文だけだった。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 115通の恋文が今、語りかけてくること/第1章 冬ー忘れられぬ夫様へ ひとりぼっちのしづより/第2章 春ー貴方はパパ様に、私はママになりました/第3章 夏ーお父ちゃん、早く元気なお顔をお見せください/第4章 秋ーお父様が恋しくなってペンを走らせております/終章 何も知らないことの怖さ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
稲垣麻由美(イナガキマユミ)
1968年、神戸市生まれ。エッセイスト、ブランディングプロデューサー。株式会社一凛堂代表取締役。ライター・編集者を経て執筆活動をスタート。現在は出版プロデュース、執筆の活動と並行し、経営者・政治家・ビジネス書著者を主なクライアントとしたイメージコンサルティング事業も展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,404円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ