歓喜の仔[天童荒太]
  • Googleプレビュー

歓喜の仔 (幻冬舎文庫)
天童荒太

950円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年08月05日頃
  • 著者/編集:   天童荒太
  • レーベル:   幻冬舎文庫
  • 出版社:   幻冬舎
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  690p
  • ISBNコード:  9784344423749

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
誠、正二、香の兄妹は、東京の古いアパートで身を寄せあって暮らしている。父は失踪し、母は寝たきりの状態だ。多額の借金を返し、家族を養うため、兄妹はある犯罪に手を染める。やがて世界の紛争地に生きる少年たちの日々が、兄妹たちの生と響き合う…。愛も夢も奪われた仔らが運命に立ち向かう、究極の希望の物語。第67回毎日出版文化賞受賞作。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
天童荒太(テンドウアラタ)
1960年愛媛県生まれ。86年「白の家族」で野性時代新人賞、93年「孤独の歌声」で日本推理サスペンス大賞優秀作、96年「家族狩り」で山本周五郎賞、2000年「永遠の仔」で日本推理作家協会賞を受賞。04年、文庫『家族狩り』五部作を発表。09年「悼む人」で第一四〇回直木三十五賞を受賞。13年『歓喜の仔』で第六七回毎日出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(20件)

総合評価
 3.45

ブックスのレビュー

  • (無題)
    hidemvs
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2016年02月17日

    もういい加減飽きた感じのテーマを、たっぷりと読ませてくれる感じです。書き出しの設定と、主人公の子供たちが、最後はすっかり変わってるのも気になります。ただ後半の盛り上がりは、さすが筆者の見せどころではありましたが、作者のあとがきに弁解はありましたが、どうしても幼稚園児が、無銭で福島まで新幹線に乗っての冒険は、絶対にありえなくて引きました。

    0人が参考になったと回答

  • 何か暗くなりますね
    jkss1201
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2015年10月07日

    うーん、読後感が暗いですわ。想像の世界の話が、いまいちよくわかりませんでした。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2018年12月03日 - 2018年12月09日)

     :第-位( - ) > 文庫:第6141位(↑) > 人文・思想・社会:第5618位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

950円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      空也十番勝負 青春篇 未だ行ならず
      空也十番勝負 青春篇 未だ行ならず

      佐伯泰英

      699円(税込)

    2. 2
      空也十番勝負 青春篇 未だ行ならず
      空也十番勝負 青春篇 未だ行ならず

      佐伯泰英

      699円(税込)

    3. 3
      魔性の子
      魔性の子

      小野不由美

      766円(税込)

    4. 4
      月の影 影の海(下巻)
      月の影 影の海(下巻)

      小野不由美

      561円(税込)

    5. 5
      月の影 影の海(上巻)
      月の影 影の海(上巻)

      小野不由美

      561円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ