ブルーレイ・DVD大特価セール!
ロシアより愛をこめて【Blu-ray】
ブルーレイ
現在地
トップ > DVD > ブルーレイ > 洋画

ロシアより愛をこめて【Blu-ray】
ショーン・コネリー

参考小売価格:2,095円 995円(47%)OFF!
1,100円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年10月07日
  • アーティスト:   ショーン・コネリーロバート・ショーダニエラ・ビアンキ
  • 監督:   テレンス・ヤング
  • 関連作品:   007(ダブル・オー・セブン)
  • 発売元:  20世紀スタジオ
  • 販売元:  ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
  • ディスク枚数:  1枚(Blu-rayDisc Video1枚)
  • 収録時間:  
  • 映像特典内容:  【映像特典】
    テレンス・ヤング監督と製作スタッフ、キャストによる音声解説/MI6:機密書類保管庫//イアン・フレミング:CBCインタビュー//イアン・フレミング&レイモンド・チャンドラー対談//イアン・フレミング:「無人島ディスク」インタビュー//アニメーション・ストーリーボード:モーターボート・チェイス//クレジット/秘密任務//007の履歴書//ボンド・ガール//味方//敵//アクション・マニュアル//Qの秘密兵器//魅力的なロケ地/任務遂行レポート//メイキング・オブ・『ロシアより愛をこめて』//ドキュメンタリー:“007を演出した男"/007プロパガンダ//オリジナル劇場予告編集//TVスポット集//ラジオ・スポット集/イメージデータベース:1963年『ロシアより愛をこめて』公開当時のフォト・ギャラリー
  • メーカー品番:  MGXJC-16175
  • JANコード:  4988142112712

商品説明

【ストーリー】
ソ連の暗号解読機を引き渡すことを条件に、イギリスに亡命を望む謎の女タチアナがボンドに接触。実はその裏には、世界的犯罪組織“スペクター"の恐るべき陰謀があった。罠と知りつつボンドはイスタンブールに向かうが……。
【解説】
007シリーズ第2弾。ハードなスパイアクション満載! 日本では特に人気の高い作品!/映画の言葉“罠にあえて挑戦するのが英国人気質だ"

画面サイズ:ヨーロピアンビスタサイズ=16:9

色彩:カラー

言語: 英語(オリジナル言語)/日本語(吹替言語)

音声方式: dtsHD Master Audio5.1chサラウンド(オリジナル音声方式)/dts5.1chサラウンド(吹替音声方式)

字幕言語: 日本語字幕/英語字幕

制作国: 英国

制作年:1963年

洋題:FROM RUSSIA WITH LOVE

収録タイトル:

[Disc1]
『ロシアより愛をこめて』/Blu-rayDisc Video
アーティスト:ショーン・コネリー/ロバート・ショー/ダニエラ・ビアンキ ほか
出演:ショーン・コネリー/ロバート・ショー/ダニエラ・ビアンキ
監督:テレンス・ヤング
脚本:リチャード・メイバウム
原作:イアン・フレミング
「ロシアより愛をこめて」

商品レビュー

  • NO.1
    かめちゃん316
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年05月19日

    ショーン・コネリーの007の中ではNO.1といえる面白さで、ボンドガールのダニエラ・ビアンキも最高に奇麗だった。
    ただ個人的にはダニエラは数年後早々と映画界を引退してしまい、その後の活躍をスクリーンで観れなかったのが残念だ。

    0人が参考になったと回答

  • ダニエラ・ビアンキは永遠の美です。
    O-YA-G
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年07月31日

    毎年一度は観る映画です。
    初めて観た洋画なんで思い入れは相当なもんなんです。
    ダニエラ・ビアンキさんに一目惚れして50年近くなるんだよね。
    VHS,DVDときて今回BR。
    ストーリーとそれぞれのシーンは今だにあらゆる映画で参考にしているから本当に素晴らしい映画だったんだなと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ブルーレイ

    ※1時間ごとに更新

    このページの先頭へ