ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 絵本・児童書・図鑑 > 絵本 > 絵本(日本)
  • ほしじいたけほしばあたけ(講談社の創作絵本)[石川基子]
  • ほしじいたけほしばあたけ(講談社の創作絵本)[石川基子]
  • ほしじいたけほしばあたけ(講談社の創作絵本)[石川基子]
  • ほしじいたけほしばあたけ(講談社の創作絵本)[石川基子]
  • ほしじいたけほしばあたけ(講談社の創作絵本)[石川基子]
ほしじいたけほしばあたけ(講談社の創作絵本)[石川基子]
  • Googleプレビュー

ほしじいたけ ほしばあたけ (講談社の創作絵本)
石川 基子

1,430(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(情報提供:絵本ナビ)



きのこむらのほだぎのさとに住む、ほしじいたけとほしばあたけ。きのこ暦123年生まれのふたりは、きのこむらのきのこたちに慕われる長老きのこです。ある日のこと、ほしじいたけが裏山にたきぎひろいをしていると、むらのこどもたちのひとり、タマゴタケが崖下に落っこちてしまったというのです。「こりゃ たいへんじゃ!」からからに乾いた体を使って、ふうわりと崖を飛び下りるほしじいさま。無事にタマゴタケの元に到着です。でも、ほしじいさまの軽さでは、タマゴタケと一緒に崖を上がることはできません。「いたしかたあるまい。」そうつぶやいたほしじいさまが、崖のわきに流れる湧水にそろりとつかると……。実は意外と多い「きのこの絵本」の中でも、世にも珍しい「ほししいたけ」が主人公の本作。生のしいたけにはない、特性を十二分に発揮して、ほのぼのしているのに、どこか脱力してしまう、何とも不思議な“味のある”ほししいたけ絵本です。作者の石川基子さんは、第36回講談社絵本新人賞を受賞した、期待の新人作家さん。講談社絵本新人賞のHPでは、受賞から絵本出版までの制作秘話が連載されています。ehon.kodansha.co.jp/award/journal/ishikawa/1.html
(絵本ナビライター 木村春子)


 なんとも発想豊かな絵本だ。
 ほししいたけをモデルに絵本ができるなんて思いませんでした。
 だって、ほししいたけの、しわしわが絵本の主人公になるなんて思います? いくら栄養がうまみがあっても、あまり思わない。
 しかも、このタイトル。ほししいたけに「点々」をくわえて、「ほしじいたけ」。
 うまい。

 もっといえば、いつものしわしわの「ほしじいたけ」ですが、森の「きんるい」、これは菌類です、の仲間はピンチにおちいれば、自らの身体を水につけて、あらま、力強い「わかものしいたけ」に変身するのですから。
 こんな発想は普段台所に立つ人でないとわいてこないのではないでしょうか。
 しわしわのほししいたけを水でもどせば、ぷっくら肉厚のしいたけになる。そのことをしっかり見ていないと、わからない。
 この絵本は、それだけで十分楽しめます。

 さらには、この絵本に登場するきのこの仲間たち。
 タマゴダケ、オオワライタケ、ホウキタケ(このホウキタケがせっせと掃除しているのなんて笑ってしまいました)、ヌメリイグチ、それにキヌガサタケ。
 いやいや「きんるい」の仲間たちも随分楽しそうです。

 どうして「ほしじいたけ」が若者しいたけに変身したかというと、子どもたちがおにごっこをしていたら、タマゴダケが崖から落ちてしまったんです。それを助けようと、「ほしじいたけ」は谷底に降りたのですが、しわしわですから崖をのぼる力がありません。
 そこで自ら水にとび込んで若者しいたけに変身したのです。
 ところが、高い崖の途中で力がなくなってきました。あやうし、若者しいたけ。
 と、そこに「ほしばあたけ」も若者しいたけに変身して、二人を助けます。
 いつも仲のいい「ほしじいたけ」と「ほしばあたけ」は、若者しいたけになっても仲がいいのです。

 「ほしじいたけ」たちの活躍を見ていると、人間の「ほしじいたけ」も「ほしばあたけ」もまだまだやれるのじゃないかと思います。
 案外この絵本は老人たちに受けたりするかも。(夏の雨さん 60代・埼玉県 )

【情報提供・絵本ナビ】

内容紹介(出版社より)

タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。
個性ゆたかに描かれたきのこたちの魅力も満点の、ユーモアと驚きたっぷりの楽しいお話。
講談社絵本新人賞を受賞した著者デビュー作。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

おひさま浴びて、からっから。長老きのこの、知恵と勇気のおはなし。講談社絵本新人賞受賞。

著者情報(「BOOK」データベースより)

石川基子(イシカワモトコ)
愛知県生まれ。京都教育大学教育学部特修美術科卒業。「子どもの本専門店メリーゴーランド」の絵本塾で絵本作りを学ぶ。第12回ピンポイント絵本コンペ最優秀賞、第35回講談社絵本新人賞佳作、『ほしじいたけほしばあたけ』で第36回講談社絵本新人賞を受賞。造形教室講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(27件)

総合評価
 4.21

ブックスのレビュー(5件)

  • (無題)
    ちさと(砂糖)
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年11月12日

    これ、絵柄にも惹かれたけどタイトルが秀逸じゃないか。
    購入時にはシリーズで複数冊あるのを知らんかったんだけど、他の話も読みたくなるよ。(まぁオチというか話の流れは想像つくけどね)
    干し椎茸、メニューに入ってると思わず「じいさん、ばあさん…」と呟いてしまった。
    うん、オイシカッタ。(何だそりゃ)
    子供の為という名目だけど、完全に自分の趣味全開セレクト絵本。

    9人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年10月17日

    3歳の息子がとても気に入り、毎晩これ読んでと持ってきます。シリーズ揃えようと思います。

    0人が参考になったと回答

  • お祝いに
    p1a1m1
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年05月28日

    お孫さんが生まれた友だちにお祝いに贈りました。読み聞かせしてお孫さんとのふれあいを楽しんで貰えると思います。おじいちゃん、おばあちゃんパワーアップしてほしじいたけのように素敵な存在になれますように、願いを込めて。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2022年08月01日 - 2022年08月07日)

     :第-位( - ) > 絵本・児童書・図鑑:第-位( - ) > 絵本:第6138位(↓) > 絵本(日本):第5204位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ