賊軍の昭和史[半藤一利]
  • Googleプレビュー

賊軍の昭和史
半藤一利

1,620円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 賊軍の昭和史 1,296円
紙書籍版 賊軍の昭和史 1,620円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
薩長(さっちょう)史観に隠された歴史の真実!

“官軍(かんぐん)”が始めた昭和の戦争を“賊軍(ぞくぐん)”が終わらせた!!

鈴木貫太郎(関宿)、石原莞爾(庄内)、米内光政(盛岡)、山本五十六(長岡)、井上成美(仙台)……など、幕末維新で“賊軍”とされた藩の出身者たちの苦闘を通して「もう一つの昭和史」を浮かび上がらせた異色の対談。
奥羽越列藩同盟など、幕府方につき新政府軍(官軍)抵抗した藩は、維新後「賊軍」としてさまざまな差別を受けた。その藩士の子息たちは、陸軍、海軍で薩長閥によって非主流派に追いやられ、辛酸をなめることになる。
やがて昭和に入り、日独伊三国同盟に反対した海軍の米内、山本、井上の賊軍トリオは、主流派である薩長閥に抗しきれず開戦を迎える。
そして、“官軍”が始めた無謀な戦争により滅亡の瀬戸際まで追い込まれた日本を救ったのは、鈴木貫太郎、米内光政ら賊軍出身者だったーー。

新視点からあの戦争の真相を読み解き、いまに続く“官軍”的なるものの正体を明らかにする。



★著者の言葉

半藤一利
「あの戦争で、この国を滅ぼそうとしたのは、官軍の連中です。もっとも、近代日本を作ったのも官軍ですが……。
この国が滅びようとしたとき、どうにもならないほどに破壊される一歩手前で、何とか国を救ったのは、全部、賊軍の人たちだったのです」

保阪正康
太平洋戦争を批判するとき、実は薩長政権のゆがみが継続していた点は見逃せないのではないでしょうか……。
薩長閥の延長にある軍部を(賊軍の官軍的体質といったものまで含めて)批判するという視点がそのまま持ち込めるように思います。
プロローグ 官軍・賊軍史観が教えてくれること  半藤一利
序  章 賊軍VS官軍ーー浮かびあがる「もう一つの昭和史」
第一章 鈴木貫太郎ーー薩長の始めた戦争を終わらせた賊軍の首相
第二章 東條英機ーー混乱する賊軍エリートたちの昭和陸軍
第三章 石原莞爾ーー官軍の弊害を解消できなかった賊軍の天才
第四章 米内光政、山本五十六、井上成美ーー無力というほかない賊軍の三羽烏
第五章 今村均ーー贖罪の余生を送った稀有な軍人
エピローグ  官軍的体質と賊軍的体質  保阪正康

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
薩長史観に隠された歴史の真実!“官軍”が始めた昭和の戦争を“賊軍”が終わらせた。鈴木貫太郎(関宿)、石原莞爾(庄内)、米内光政(盛岡)、山本五十六(長岡)、井上成美(仙台)…など、幕末維新で“賊軍”とされた藩の出身者たちを通して見えてくる「もう一つの昭和史」とは。新視点から分かる、あの戦争の真相。先の戦争では国を破滅へと向かわせ、今なお日本を振り回す“官軍”的なるものの正体を明らかにする。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 賊軍vs官軍ー浮かびあがる「もう一つの昭和史」/第1章 鈴木貫太郎ー薩長の始めた戦争を終わらせた賊軍の首相/第2章 東條英機ー混乱する賊軍エリートたちの昭和陸軍/第3章 石原莞爾ー官軍の弊害を解消できなかった賊軍の天才/第4章 米内光政、山本五十六、井上成美ー無力というほかない賊軍の三羽烏/第5章 今村均ー贖罪の余生を送った稀有な軍人

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
半藤一利(ハンドウカズトシ)
昭和5年(1930)、東京生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。『週刊文春』『文藝春秋』編集長、専務取締役などを経て作家。『漱石先生ぞな、もし』(正・続、新田次郎文学賞)、『ノモンハンの夏』(山本七平賞)、『昭和史 戦後篇1945-1989』(毎日出版文化賞特別賞)など著書多数

保阪正康(ホサカマサヤス)
昭和14年(1939)、札幌市生まれ。同志社大学文学部卒業後、出版社勤務を経て、ノンフィクション作家。昭和史の実証的研究を志し、のべ4000人もの関係者たちを取材して肉声を記録してきた。個人誌「昭和史講座」を主宰。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(11件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年12月24日

    薩長にねつ造された日本の歴史がわかります。現在の誰かもその流れを汲んでいるのがよくわかります。

    0人が参考になったと回答

  • おもしろい
    トモガラ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年04月30日

    80年代以降に出版された日本の中世史や近世史関係の本はよく読んでいたが、幕末維新・近代史については「政治」史一色というか、「英雄」史、「派閥」史、「タラレバ」史wしかないような印象が強くw、当面マトモな本は出ないのかな〜と思っていたらw、「薩長」「官軍」史観を相対化した内容だったので、なかなか面白かった。
    近代は、琉球侵略や藩内の外城制度など、植民地・民衆支配に長けた薩摩出身の為政者達の影響が大きいんじゃないかと思っていたが、実は長州の吉田松陰が侵略志向(侵略史観)だったというのは勉強になった。三条実美がこしらえたw「錦の御旗」の話、吉田松陰の師・佐久間象山が靖国に入れなかった理由、北海道の屯田兵は長州の回し者だったw、戊辰戦争のエピソード、「官軍」と「賊軍」の精神構造の違い、等々興味深かった。

    0人が参考になったと回答

  • 作られた歴史
    pinsuke49
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年10月29日

    錦旗を捏造した歴史はない、明治維新がなかったら都は思うけど、やはり明治維新をしっかり見直して、歴史の真実を確かめていかないと、昭和の歴史も前に進めない、勝てば官軍がいつまで続くのかと、この国の近代史に大いに疑問を感じる

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版
      僕は君たちに武器を配りたい エッセンシ…

      瀧本 哲史

      540円(税込)

    2. 2
      開目抄
      開目抄

      創価学会

      699円(税込)

    3. 3
      看取り犬・文福の奇跡
      看取り犬・文福の奇跡

      若山 三千彦

      1,500円(税込)

    4. 4
      ケーキの切れない非行少年たち
      ケーキの切れない非行少年たち

      宮口 幸治

      777円(税込)

    5. 5
      潜行三千里 完全版
      潜行三千里 完全版

      辻政信

      1,188円(税込)

    1. 1
      M 愛すべき人がいて
      電子書籍M 愛すべき人がいて

      小松成美

      1,361円(税込)

    2. 2
      僕は君たちに武器を配りたい
      電子書籍僕は君たちに武器を配りたい

      瀧本哲史

      1,944円(税込)

    3. 3
      大家さんと僕 これから
      電子書籍大家さんと僕 これから

      矢部太郎

      1,188円(税込)

    4. 4
      上級国民/下級国民(小学館新書)
      電子書籍上級国民/下級国民(小学館新書)

      橘玲

      886円(税込)

    5. 5
      人間の本性
      電子書籍人間の本性

      丹羽宇一郎

      821円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ