アメリカの戦争責任[竹田恒泰]
アメリカの戦争責任[竹田恒泰] アメリカの戦争責任[竹田恒泰] アメリカの戦争責任戦後最大のタブーに挑む(PHP新書)[竹田恒泰]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

アメリカの戦争責任 戦後最大のタブーに挑む (PHP新書)
竹田恒泰

885円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 アメリカの戦争責任 730円
紙書籍版 アメリカの戦争責任 885円

商品基本情報

  • 発売日:  2015年09月
  • 著者/編集:   竹田恒泰
  • レーベル:   PHP新書
  • 出版社:   PHP研究所
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  285p
  • ISBNコード:  9784569826646

よく一緒に購入されている商品

  • アメリカの戦争責任[竹田恒泰]
  • +
  • 日本人が一生使える勉強法[竹田恒泰]
  • アメリカの戦争責任 戦後最大のタブーに挑む (PHP新書)
  • 竹田恒泰

885円(税込)

在庫あり

820円(税込)

在庫あり

合計 1,705円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
戦後70年を迎えるなかで、絶対に語られなかった「戦争責任」がある。気鋭の作家が最大のタブーに挑み、新しい日本の展望を切り拓く。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦後70年、先の大戦を論じる時に日本では様々な「戦争責任」が語られる。しかし、そこで誰も表立って触れない論点が、戦後最大のタブーともいわれる「アメリカの戦争責任」だ。原爆投下の目的が戦争終結を早めるためだった、という言説はどこまで正しいのか。「ポツダム宣言」をめぐる米ソの攻防、削除された「天皇条項」など当時の資料を渉猟しながら、「日本を降伏させないこと」をアメリカが考えるようになった驚愕の経緯を著者は描き出していく。そうした問題を両国が直視し、互いの過ちを知ってこそ、真の日米友好の礎が築かれるはず。気鋭の作家が自らの覚悟を込めた一書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 占領下、アメリカ大統領を「戦犯」と呼んだ男/第1章 日本における戦後最大のタブー/第2章 原爆投下を正当化するアメリカの教科書/第3章 「無条件降伏」論が早期の終戦を妨げた/第4章 トルーマンの手中にあった四つの選択肢/第5章 なぜポツダム宣言から「天皇条項」は削除されたか/第6章 原爆投下前の対日参戦をもくろんだソ連/第7章 原爆でもソ連参戦でもなかった降伏の真相/第8章 アメリカの行為は疑いなく戦争犯罪である/終章 日米が真の友好関係を構築するために

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
竹田恒泰(タケダツネヤス)
作家。昭和50年(1975)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫に当たる。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。専門は憲法学・史学。皇學館大学現代日本社会学部で「日本国家論」「現代人権論」の授業を受け持つ。平成18年(2006)、『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(17件)

総合評価
 4.19

ブックスのレビュー

  • お勧めしたいです
    kumaru04
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年09月28日

    考えたこともなかったタイトルに惹きつけられて購入しました。
    竹田先生の著書は他にも読んだことがありますが、これは、格別。
    心臓を掴まれたような気がしました。

    4人が参考になったと回答

  • 全くおっしゃる通りです。
    驚異の小宇宙
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年09月10日

    「そこまで言って委員会NP」を見てて、「はい。」と、また先日もCM中にこれをクリック。昨日届いて、読んでます。
    私自身も、以前からこの部分の認識は竹田氏と同じ思いを持っています。
    70年も、一方的な「既定概念」を押し付けられてきた国民の「消極的価値観」のツケはかなり大きい。
    正しく歴史を認識し、自分や誰かを責めるでなく、堂々と、すっきりした気持ちで、全く新しい「明日」を模索しようという想いを与えてくれる「本」である!!
    某国のように、やれ「戦争被害の償いは終わっていない!!もっと金よこせ!!」とか、また別の某国のように、事実がきちんと証明されていない事件をさも事実として世界じゅうに宣伝して記念碑まで立てるような行為だけは、日本はしない!!
    もっと正々堂々と、建設的な「未来を創りだす日本」を目指すものである!!

    1人が参考になったと回答

  • 日本人が知るべき内容
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2017年03月15日

    この本は日本人が知るべき内容であり、実際教科書では学べない内容が詰まっており、非常に興味深かった。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

885円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    3. 3
      論語と算盤
      論語と算盤

      渋沢栄一

      885円(税込)

    4. 4
      人生の結論
      人生の結論

      小池一夫

      874円(税込)

    5. 5
      お金の流れで読む 日本と世界の未来
      お金の流れで読む 日本と世界の未来

      ジム・ロジャーズ

      993円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ