一度は行きたい「戦争遺跡」[友清哲]
  • Googleプレビュー

一度は行きたい「戦争遺跡」 北海道から沖縄まで、“戦時”の遺構を歩く (PHP文庫)
友清哲

799円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 一度は行きたい「戦争遺跡」 650円
紙書籍版 一度は行きたい「戦争遺跡」 799円

商品基本情報

  • 発売日:  2015年09月上旬
  • 著者/編集:   友清哲
  • レーベル:   PHP文庫
  • 出版社:   PHP研究所
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  221p
  • ISBNコード:  9784569763798

商品説明

【内容情報】(出版社より)
戦後70年を経てなお、太平洋戦争当時の遺構は日本列島各所に点在する。風化が激しい今こそ、一度は行きたい「戦争遺跡」を厳選紹介。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦後70年を経てなお、各地に点在する「日本が戦争をしていた時代」の遺構。それを本書では「戦争遺構」と呼び、観光地化されたものからマニアの間で人気のスポットまで、著者が実際に踏査しながら徹底ルポ。北海道の「函館要塞」から沖縄戦の爪痕まで、日本列島を縦断して探訪した記録である。通読すれば、文献だけでは伝わらない、戦時の国の空気感がひしひしと伝わる好著。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 戦跡散策、事始め。(北海道函館市「函館要塞」/千葉県館山市「赤山地下壕跡」 ほか)/第2章 物言わぬ遺構の中へ…。(和歌山県和歌山市「友ヶ島」/和歌山県和歌山市「由良要塞跡」 ほか)/第3章 現代に溶け込む遺構。(神奈川県横須賀市「街中に見られる再利用壕」/福岡県朝倉郡「大刀洗の戦跡群」 ほか)/第4章 沖縄戦の記憶。(沖縄県豊見城市「旧海軍司令部壕」/沖縄県島尻郡八重瀬町「クラシンジョウ」 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
友清哲(トモキヨサトシ)
1974年、神奈川県生まれ。フリーライター&編集者。「生涯ルポルタージュ」をモットーに、ビジネス誌から文芸誌まで幅広く活動中。プロボクサーライセンスを持つボクシングオタクにして、世田谷区内でBARの共同経営なども(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • 良かった
    n24s_rr
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年08月18日

    行ってみたい場所がたくさんあった
    写真も多く見やすかった

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

799円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      新・魔法のコンパス
      新・魔法のコンパス

      西野 亮廣

      712円(税込)

    2. 2
      罪の声
      罪の声

      塩田 武士

      993円(税込)

    3. 3
      慈雨
      慈雨

      柚月 裕子

      820円(税込)

    4. 4
      海の見える理髪店
      海の見える理髪店

      荻原 浩

      626円(税込)

    5. 5
      高校事変
      高校事変

      松岡 圭祐

      842円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ