[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ >  > 新書 > その他
公益法人
  • Googleプレビュー

公益法人 隠された官の聖域 (岩波新書)
北沢栄

770(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (新書)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品基本情報

  • 発売日:  2001年04月
  • 著者/編集:   北沢栄
  • レーベル:   岩波新書
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  210p
  • ISBNコード:  9784004307266

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
KSD事件を契機に注目を集める公益法人。総数は二万六千を超え、官との癒着やその不透明性から天下りと利権の温床とも批判されている。はたして公益法人とはどのような組織なのか、どこに問題が潜んでいるのか?気鋭のジャーナリストが、肥大化する「見えない政府」の知られざる実態に迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 公益法人問題とは何か(いわゆる「特殊法人改革」の経緯とまやかし/取り残された公益法人改革 ほか)/2 肥大化する「見えない政府」(電波行政がつくった社団法人/問題公益法人を類型化する ほか)/3 知られざる実態(奇妙な法人ー休眠法人/幽霊法人も一二〇〇近くさまよう ほか)/4 設立・運営を巡るさまざまな手法(法によらずに「通達」で利権/法によらず「告示」で利権 ほか)/5 根治のための処方箋(主務官庁制を廃止する/NPOと扱いを同一に)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
北沢栄(キタザワサカエ)
1942年12月東京生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。共同通信経済記者、ニューヨーク特派員などを経る。バブル経済崩壊後は金融・行政改革問題を中心に調査研究・執筆活動に従事。98年にジャーナリスト仲間とオンラインジャーナルのホームページ「殴り込む」を開設し、「さらばニッポン官僚社会」を連載中。ジャーナリスト、著作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      在宅ひとり死のススメ
      在宅ひとり死のススメ

      上野 千鶴子

      880円(税込)

    2. 2
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    3. 3
      専門医が教える 新型コロナ・感染症の本当の話
      専門医が教える 新型コロナ・感染症の本…

      忽那 賢志

      990円(税込)

    4. 4
      お金の減らし方
      お金の減らし方

      森 博嗣

      968円(税込)

    5. 5
      現代語訳 論語と算盤
      現代語訳 論語と算盤

      渋沢 栄一

      902円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ