青山繁晴の「逆転」ガイド-その1ハワイ真珠湾の巻-[青山繁晴]
  • Googleプレビュー

青山繁晴の「逆転」ガイド(その1(ハワイ真珠湾の巻))
青山繁晴

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

真珠湾に何と米政府が展示している日本海軍の空母「赤城」のスケールモデル、
それを見るだけでもハワイに行く値打ちがあります。

お金も手間も凄い。原設計図を基に、徹底的にリアルに再現し、艦と飛行機だけではなくパイロット、整備士、
その他の作業の一兵卒までフィギュアを凜々しく、膨大な数で艦上に展開しています。

本物のリスペクトがないと作れない。これは何を物語るか。
「真珠湾攻撃は卑怯だとアメリカ人は今も怒っている」と刷り込まれてきたのが嘘だと、誰でも自分の眼で確かめられるということです。
長年の思い込みをスカッと逆転できる現場が、ただの観光地に見えたところあります。
(著者による帯の文章より)

現場を大切にする行動の作家にして、日本初の独立系シンクタンク・独立総合研究所社長でもある筆者が、
戦後70年、これまで私たち日本人が、刷り込まれてきた歴史認識を、右でも左でもなくド真ん中から見つめ直す。
新機軸の“ガイドブック”その第一弾が登場。


【青山繁晴(あおやま・しげはる)】
●神戸市生まれ。慶應義塾大学文学部中退、早稲田大学政治経済学部卒業。共同通信に入り、京都府警キャップなど事件記者、金融・財界担当など経済記者を経て、政治部へ。首相官邸、防衛庁、外務省などで歴史的な「特ダネ」を重ね、昭和天皇の吐血もスクープ。
●三菱総研の研究員に迎えられたのち、日本初の独立系シンクタンクである独立総合研究所(独研)を創立、代表取締役社長・兼・首席研究員に就任。
●近畿大学経済学部で「名物教授」として学生を集める(客員教授/国際関係論)ほか、防衛省幹部研修講師、総務省消防大学校講師も務める。
●公職も無償を原則に数多く務め、内閣府原子力委員会原子力防護部会・専門委員、国家安全保障会議(日本版NSC)創設の有識者会議議員、文科省参与、海上保安庁政策アドバイザー、経済産業省総合資源エネルギー調査会・専門委員、総務省消防審議会委員、総務省「NHK海外発信検討会」委員などを歴任。
●国内外で第一級の専門家として認知されている分野は、外交、安全保障、危機管理、資源エネルギー安全保障、核セキュリティ、政治論と例を見ないほど幅広い。
●「ザ・ボイス」(ニッポン放送)、「虎ノ門ニュース」(CS放送、ネットTV)、「水曜アンカー」(関西テレビ、現在は終了)などへの番組参加が圧倒的人気を持ち、感動を呼ぶ講演でも知られ、連続5時間前後にもなる熱い「独立講演会」を毎月、自主開催している。
●会員制レポート「東京コンフィデンシャル・レポート」(TCR)も15年近くたゆまず配信している。
●作家としてはロングセラーの『ぼくらの祖国』、『ぼくらの真実』(ともに扶桑社)をはじめ『死ぬ理由、生きる理由 英霊の渇く島に問う』(ワニ・プラス)、『希望の現場 メタンハイドレート』、『海と女とメタンハイドレート』(ともにワニ・プラス、青山千春博士との共著)、さらに純文学の『平成』(文藝春秋)がある。
●趣味が多彩で、モータースポーツ(A級ライセンス)、アルペンスキー、乗馬、スキューバダイビング(パディ・ライセンス)、水泳、映画。
●配偶者は、日本女性初の大型船・船長の資格を取りメタンハイドレート研究で国際的に知られる青山千春博士。子息二人。愛犬は青山繁子(ポメラニアン)。
●2千万を超えるアクセスの個人ブログ、多岐にわたる活動情報を網羅する独研公式HPがある。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 アメリカ陸軍博物館/第2章 真珠湾ビジター・センター/第3章 戦艦ミズーリ記念館/第4章 太平洋航空博物館/第5章 質疑応答/第6章 米兵の生き残り、ディック・ジロッコさんと

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
青山繁晴(アオヤマシゲハル)
1952(昭和27)年、神戸市生まれ。慶大文学部を中退し早大政経学部に入り直して卒業。共同通信社入社。事件記者、経済部、政治部いずれの時代もスクープ記者として名を馳せる。三菱総研の研究員に転じ、日本初の独立系シンクタンク「株式会社独立総合研究所」を創立し、代表取締役社長・兼・首席研究員に就任。近畿大学経済学部で“名物教授”として学生を集めている(客員教授/国際関係論)。公職も無償を原則に数多く務め、内閣府原子力委員会・原子力防護部会・専門委員、国家安全保障会議(日本版NSC)創設の有識者会議議員を経て、現在、文科省参与、海上保安庁の政策アドバイザー、経済産業省の総合資源エネルギー調査会・専門委員、総務省の消防審議会委員、「NHK国際報道検討会」委員ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 歴史の振り返り
    伝助038/dn
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年06月08日

    一昨年、YouTubeで関西テレビの番組「スーパーニュース・アンカー」(昨年3月末番組終了)にをふと見て、コメンテーターとして出演していた青山繁晴さんの歯に衣着せぬ言動に感心、感激。以降、YouTubeで毎週「真相深入り!虎ノ門ニュース」や「ザ・ボイス」を楽しく拝聴しています。
    青山さんのすばらしさは、そこらの頭でっかちなコメンテーターとは違い、現場を歩き、国内外の広い人脈からの裏どりに基づいた確固たる提言にあると思います。
    本書では青山さんがハワイにあるアメリカ陸軍博物館、真珠湾ビジター・センター、戦艦ミズーリ記念館、太平洋航空博物に、IDC会員(青山さんが社長のシンクタンクの会員)と実際に行かれ、そこに展示されている物、説明書きを多くの写真を交えて紹介、ハワイ在住の元米兵とのインタビューを通じ、アメリカ側が日本軍の真珠湾攻撃をどう見ていたかを中心に語るものです。
    驚きは、日本を非難するのではなく、数多くの日本軍の軍艦模型・戦闘機模型を展示、将兵を称える説明書きがあることで、アメリカのフェアな立場には感動しました。
    また太平洋戦争勃発の原因、原爆投下等の青山さんの視点、解釈が織り込まれ、戦争の歴史と真実とは何かを振り返る一助になりました。
    一読の価値ありと思います。
    そして、青山さんの口癖 『右(派)でも左(派)でのなくド真ん中から、ありのままを見直していこう!、そしていっしょに考えましょう!』。

    16人が参考になったと回答

  • 認識の変化
    オーバーハンドライト
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年03月07日

    この本で語られてる内容は、すでに青山氏のブログやネット動画などで知っていたが、改めて活字で読むのも良いと思った。ただ青山氏が言うように、本のタイトルに「ガイド」とつけたのは失敗だったかも。
    旅行ガイド本と勘違いされてしまいそうだし。
    戦争に負けたら、全て「悪」なのか?戦争に勝てば全てが「善」なのか?と言う認識から脱却するには、戦った当人の話を聞く必要がある。幅広く。
    戦争を肯定はしないが、戦うしか選択がない場合も存在する。
    戦争を否定する人間こそ、戦争をよく知らねばならない。表面的な感情論だけで戦争を語るのは無知な人間か、無知な人間を作り出そうとする悪意の人間だけだ。
    この本は戦後の日本がなんでもかんでも悪いと言う教育から脱却するための1歩になる本だ。

    3人が参考になったと回答

  • まさに逆転
    DARTEA39
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年01月21日

    私は自虐史観を叩き込まれた人間で、真珠湾攻撃
    と言えば、マイナスイメージしか無かった。
    何故、戦争で闘った敵国がこんなにフェアに日本
    を称賛し、評価してるのに、私達には真実が知ら
    されないのか、日本なのに日本国内に敵が多いの
    か。考えさせられる一冊です。

    3人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ