本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
紅霞後宮物語第二幕(仮)[雪村花菜]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > ライトノベル > その他

紅霞後宮物語(第2幕) (富士見L文庫)
雪村花菜

626円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 紅霞後宮物語 第二幕 626円
紙書籍版 紅霞後宮物語(第2幕) 626円

商品基本情報

  • 発売日:  2015年10月09日頃
  • 著者/編集:   雪村花菜
  • レーベル:   富士見L文庫
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  251p
  • ISBNコード:  9784040707204

よく一緒に購入されている商品

  • 紅霞後宮物語第二幕(仮)[雪村花菜]
  • +
  • 紅霞後宮物語第三幕(仮)[雪村花菜]
  • 紅霞後宮物語(第2幕) (富士見L文庫)
  • 雪村花菜

626円(税込)

在庫あり

626円(税込)

在庫あり

合計 1,252円(税込)

閉じる

商品説明

「先帝の遺児」にざわめく後宮。皇后・小玉の決断は……!?
先帝の遺児、出現ーー。突然帝国に投げ入れられた火種に、宮中は大混乱! 様々な思惑が渦巻く中、なぜか静観する皇帝・文林。そんな中、小玉は文林失脚に備え、彼と鴻を連れて後宮から逃げる準備をはじめていて!?

【内容情報】(出版社より)
先帝の遺児、出現ーー。突然帝国に投げ入れられた火種に、宮中は大混乱! 様々な思惑が渦巻く中、なぜか静観する皇帝・文林。そんな中、小玉は文林失脚に備え、彼と鴻を連れて後宮から逃げる準備をはじめていて!?

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
不世出の軍人と誉れ高かった関小玉が、何の因果かかつての相棒で今の皇帝・文林によって皇后にさせられてから1年。高貴妃の事件からようやく落ち着きを取り戻した帝国に、新たな火種が飛び込んできた。-「先帝の遺児」の出現。静観する文林をよそに、宮中には動揺と策謀が広がっていく。そんな中、文林失脚に備え、逞しくも軍人らしく、彼と鴻を抱えての逃走計画を進める小玉だったが、件の「遺児」の秘密を知り…。小玉の“想い”と文林の“執着”、絡まった糸が導く物語の結末は!?

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
雪村花菜(ユキムラカナ)
2014年、第二回ラノベ文芸賞にて、応募作『生生流転』が金賞受賞。改題及び改稿した『紅霞後宮物語』で作家デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(19件)

総合評価
 3.87

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2017年02月19日

    お互いの想いが微妙にすれ違うめんどくさい夫婦の駆け引きが面白い。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    おどろくあっきー
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年12月17日

    本屋でちらっと読んだら 夢中になるほどおもしろく、いそいで注文しちゃいました。なんど読み返してもおもしろい。

    0人が参考になったと回答

  • 少し進展
    藤丸9109
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年10月13日

    前作で主人公達の不思議な夫婦関係にモヤモヤとしていましたが、今回は少し理解できました。続編期待します。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング(2019年07月19日)

     :第-位( - ) > ライトノベル:第472位(↑) > その他:第311位(↑)

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

626円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ