お買い物マラソン開催中! 楽天ブックスセール会場はこちら
ぴあのさん、あそぼ!改訂版[ヤマハミュージックメディア]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 楽譜 > ピアノ > その他

ミッフィーのぴあの絵本1 ぴあのさん、あそぼ!

880円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(5件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【商品構成】楽譜
【分類】ピアノ|ピアノ導入教則本|ミッフィー教則本
【楽器】ピアノ
【難易度】入門
【商品説明】
2003年春、小さなお子さまのためのプチ・ピアノメソッド── ミッフィーのぴあの絵本が誕生しました!
「ミッフィーのぴあの絵本」は、これからピアノを始める小さなお子様が、楽しく興味いっぱいにレッスンが続けられることを願って2003年に制作されました。
生まれて初めてピアノに出会い、興味津々で遊び弾きをする子どもの瞳の輝きを、次第にステップアップしてゆく学習の中で保ち続け、さらに憧れの翼を広げてゆくことは、決して容易なことではありません。こうした年少の幼児にとっての「遊び」と「学習」の間にある大きな壁を少しでも取り除くために、このテキストは次のような点に留意した内容となっています。

1) 生活に身近な音を教材として取り入れました
2) イラストと曲との密接なつながりにより、子どもが直感的に曲のイメージをつかむことができるようにいたしました
3) 年少の幼児でも集中力と達成感が得られる曲の長さとしました
4) 楽しみながら確実にステップアップができ、既存のメソッドへの移行や併用がしやすいカリキュラムとなるよう工夫をしました

この「ミッフィーのぴあの絵本」によって子どもたちが音楽表現の喜びを味わう原体験をもち、さらに音楽を通して豊かな人間性を育んでゆけますように。

本書はその第一巻「ぴあのさん、あそぼ!」で、片手で弾ける1〜2小節の短いフレーズを遊び弾きしながら、ト音記号のド〜ソまでの音を順番に弾くという構成を取っています。
例えば最初の曲「くらくしょん」は、二つ並んだ黒鍵をいっしょに弾きます。片手で、しかも二本の指で、両方の音を同時にひけますか。難しい場合は「ぐう」でどうでしょう。それに楽譜上にしめされた二つの音はなんと♭が二つとも付いていて、ちょっと難しそうです。加えて最初から4分音符と2分音符、2分休符まで登場。でも、先生がまず弾いて見せて、それをまねして弾かせるのであればどうでしょう。

たった二つの音から鍵盤の「ド」の位置を教える準備をするのがこの曲の第一目的なのですが、ほかにこの曲を使って、いくつもの準備を並行して進めることができます。例えば右手でも左手でも弾けるか、黒鍵が二つ並ぶ場所はほかにもあるかどうか、ミッフィーの車のクラクションとトラックのクラクションをどう表現するか、白鍵を使ってみたらどうか…などなど。

巻の最後には収録曲の各ポイントが、イラストと音楽の関係から丁寧に説明されています。さらにこの「絵本」の中に示された様々な音やリズムの素材を使ってどのような指導をおこなったらもっと効果的か、そのヒントは先生方のための指導書「わくわくレッスンガイド」(GTP01085937)に満載。参考にして下さい。また、別冊の「ちゃれんじぶっく」(GTP01090433)のクラフトを使うと、ミッフィーといっしょのレッスンをより楽しく、より実り多いものにすることができます。

曲目:
くらくしょん(黒鍵遊び)
とらんぽりん(ド)
こうしん(ド〜レ)
どれみ・かなしいどれみ/ジグザグみち(ド〜ミ)
やまびこ(ミ・レ)
おはなをそだてる(ド〜ソ、ドミソの和音)
そーっと(ド〜ソの弱奏)

※本書は、2003年3月から発売されている商品の、価格改定による新版です。

関連特集

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2020年01月15日

    音が絵の音に聞こえませんが、そういうことを考えず楽しむことが目的ならいいと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:楽譜

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ