本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 絵本・児童書・図鑑 > 絵本 > 絵本(日本)

夜の神社の森のなか 妖会録
大野隆介

1,650(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (絵本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2015年10月
  • 著者/編集:   大野隆介
  • 出版社:   ロクリン社
  • 発行形態:  絵本
  • ページ数:  1冊(ペ
  • ISBN:  9784907542214

よく一緒に購入されている商品

  • 夜の神社の森のなか妖会録[大野隆介]
  • +
  • 雪ふる夜の奇妙な話ようかいろく[大野隆介]
  • 夜の神社の森のなか 妖会録
  • 大野隆介

1,650円(税込)

在庫あり

1,650円(税込)

在庫あり

合計 3,300円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(情報提供:絵本ナビ)



神社で遊んでいた少年たちの一人、ケンジは、夕暮れ時に不思議なものを見つけ鞄にしまった。それは、ヤツデの葉っぱのうちわ。夜にまた河原で花火をしようと約束した少年たちは、いったんそれぞれのうちへ帰った。しばらくして日がとっぷり暮れた暗い道を、約束の時間に遅れて、ケンジが走って行く。神社の角をまがったとき「あっ!」ケンジは立ちすくんだ。道のまんなかで、提灯お化けがしゃべった。「あなた、もしや大天狗さまのうちわを、お持ちではないですか?」はっとしたケンジは思わずこういった。「そ、それ……、い、いまから、か、返しにいくんです」引き返せない言い訳を口にしてしまったケンジは、妖怪たちに案内され、神社の森の奥に入って行く……。モノクロの大判絵本のなか、たしかな闇の存在感で浮かび上がる妖怪たちに引きつけられます。巻末の妖怪一覧を見ると、道でケンジを待ち構えていた妖怪のひとり、オオカミの姿をしたものは「狗賓(ぐひん)」、終盤とつぜん落ちてくる全身長い髪でおおわれた巨大な顔は「おとろし」だとわかります。次々あらわれる大小の妖怪の名前と存在を知ることに奇妙な喜びが生まれます。ケンジが暗い夜の森に入り、大天狗に会い、鳥居を出るまでのお話。大天狗に見守られているような不思議な安心感とともに、ずるいことをしたら森や境内のどこかから、何かが手をのばしてくるかもしれないという緊張感のせめぎあいにドキドキが止まりません。作者の大野隆介さんは、本書がはじめての絵本出版。妖怪の一本一本の毛、大天狗の白髪など、鉛筆の線が冴え渡ります。黒々とした木立や星空の美しさも見どころ。不思議なモノクロームの空間で、数えきれないほどの妖怪の姿をお楽しみください。闇のなかの闇、絵本のなかでしか、なかなか会えない世界が広がっていますよ。
(絵本ナビライター 大和田佳世)


一人で妖怪たちに言われて神社に行くなんて!
わが子は
「ぜーーーったい 無理!!!」
と言っていました。

神社で不思議なものをみつけて、何気に持ち帰って
しまったことによって不思議な体験をするストーリーです。

モノトーンの絵本、魑魅魍魎、百鬼夜行?!
私はかなり好みの絵本ですが、子供はちょっと......
と少し怖がりました。

「あっ」から始まる物語、最後も「あっ」で終わります。
そこはちょっとクスリとしました。

少年の一夜の物語、高学年向けかもしれませんね。(そよかぜはなさん 40代・茨城県 )

【情報提供・絵本ナビ】

内容紹介(「BOOK」データベースより)

神社の敷地で遊ぶ子どもたち。一人の少年が、不思議な物を見つけ鞄にしまった。その夜、少年が再び神社の前を通りかかった時、落とし物を返してほしいと妖怪が現れた!逢魔が時の境内は、妖怪たちが闊歩する場所。少年は、見たこともない不思議な世界を体験する。妖怪に出会ってしまった、記録の書。

著者情報(「BOOK」データベースより)

大野隆介(オオノリュウスケ)
1970年、東京生まれ。グラフィックデザイナー。装丁家の辻村益朗氏に師事し、デザインを学ぶ。絵本、書籍などの装丁、デザインを数多く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(8件)

総合評価
 3.83

ブックスのレビュー(2件)

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2022年04月23日

    大人ですが、NHKの怖い絵本で放送されていたのをたまたま見て妖怪が大好きなので凄く惹き込まれてしまい絵本欲しい!と思い即買いしてしまいました。
    流れ星のところだけちょっとカラーだったりしたら良かったのになぁと個人的には思いましたが、とても好きな一冊です。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年06月05日

    黒鉛筆で描かれたというモノクロームの絵本。境内で不思議なものを拾った少年が、その夜再び神社の前を通りがかった時、落とし物を返して欲しいという妖怪に出会い森に入って行くと……。
    白黒のみで表現されているので、特に暗闇に想像力を掻き立てられます。絵本の至るところにある暗闇は、深くてぞくっとするような雰囲気が出ていて、そこに潜む妖怪以上の怪しさがあると思います。最後のページには絵本に出てきた妖怪の説明もあって、それをまた探しに戻るのも楽しいです。子どもも食い入るように読んでいました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      怪盗クイーン 14+1冊合本版
      電子書籍怪盗クイーン 14+1冊合本版

      はやみねかおる

      6,930円(税込)

    2. 2
      コミック版 逆説の日本史 古代黎明篇
      電子書籍コミック版 逆説の日本史 古代黎明篇

      井沢元彦

      1,584円(税込)

    3. 3
      アンパンマンアニメコレクション
      電子書籍アンパンマンアニメコレクション

      やなせたかし

      1,540円(税込)

    4. 4
      セイギのミカタ
      電子書籍セイギのミカタ

      佐藤まどか

      1,430円(税込)

    5. 5
      星のカービィ おぼえておきたい四字熟語
      電子書籍星のカービィ おぼえておきたい四字熟語

      株式会社ワープスター

      1,210円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ