在庫あり商品対象!条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 民俗 > 民族学

食人の形而上学 ポスト構造主義的人類学への道
エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カスト

3,080(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

アマゾンの視点からみれば、動物もまた視点であり、死者もまた視点である。それゆえ、アンチ・ナルシスは、拒絶するー人間と自己の視点を固定し、他者の中に別の自己の姿をみるナルシス的な試みをー。なされるべきは、小さな差異のナルシシズムではなく、多様体を増殖させるアンチ・ナルシシズムである。動物が、死者が、人間をみているとき、動物が、死者が、人間であるのだ。ブラジルから出現した、マイナー科学としての人類学。

目次(「BOOK」データベースより)

1部 アンチ・ナルシス(事象への驚くべき回帰/パースペクティヴ主義/多自然主義/野生の思考のイマージュ)/2部 人類学的視点から読む『資本主義と分裂症』(奇妙な相互交差/多様体の反ー社会学/すべては生産である)/3部 悪魔的縁組(捕食の形而上学/横断するシャーマニズム/システムの強度的条件)/4部 食人的なコギト(概念のなかの敵/構造主義の生成)

著者情報(「BOOK」データベースより)

カストロ,エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ(Castro,Eduardo Viveiros de)(カストロ,エドゥアルドヴィヴェイロスデ)
1951年、ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。アマゾンの先住民アラウェテの社会を研究する文化人類学者、民族誌学者。リオデジャネイロ連邦大学ブラジル国立博物館教授。社会科学高等研究院、シカゴ大学、ケンブリッジ大学などでも教鞭をとる。人類学と哲学のあいだを横断し、アメリカ先住民のパースペクティヴ主義や多自然主義といった概念に依拠しながら、野心的な研究をつづける

檜垣立哉(ヒガキタツヤ)
1964-。現代フランス哲学、日本哲学、生命論を専門とする。博士(文学)。大阪大学大学院人間科学研究科教授

山崎吾郎(ヤマザキゴロウ)
1978-。文化人類学を専門とする。博士(人間科学)。大阪大学未来戦略機構特任准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ