沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか[安田浩一]
  • Googleプレビュー

沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか
安田浩一

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか 1,188円
紙書籍版 沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか 1,512円

商品基本情報

  • 発売日:  2016年06月16日頃
  • 著者/編集:   安田浩一
  • 出版社:   朝日新聞出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  302p
  • ISBNコード:  9784022513397

商品説明

ネットや書籍で批判されることが多い沖縄の新聞報道。しかし、沖縄の新聞が伝える情報は、本当に「偏向」しているのか。実際に現場で働く沖縄タイムス、琉球新報の記者は、そうした批判にどう答えるのか。大宅賞受賞のジャーナリストが、沖縄の新聞が生まれた歴史的背景、その報道姿勢を探る。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「基地賛成派の意見を封殺している」「事実を捻じ曲げている」-。「偏向」との批判がつきまとう沖縄の新聞報道。沖縄の新聞ー琉球新報と沖縄タイムスの記事は、本当に「偏向」しているのか。日本国土の0.6%の面積に、73.8%の米軍基地が存在する沖縄で記者をやることとは。日々現場で取材する地元紙記者に直接話を聞き、沖縄の新聞の歴史的背景、その報道姿勢を探る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 沖縄に向けられる差別の視線/第2章 捨て石にされ、主権を奪われ続ける島/第3章 沖縄と地元紙がたどった軌跡/第4章 ないがしろにされる自己決定権/第5章 「キチタン」記者と権力との攻防/第6章 地元保守による新報・タイムス批判/第7章 歴史の視座から見えてくる沖縄問題

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
安田浩一(ヤスダコウイチ)
1964年、静岡県生まれ。「週刊宝石」「サンデー毎日」記者を経て、2001年からフリーに。事件、労働問題などを中心に取材・執筆活動を続ける。12年、『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』(講談社)で第34回講談社ノンフィクション賞受賞。15年、「ルポ 外国人『隷属』労働者」(「G2 Vol.17」「講談社」掲載)で第46回大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,512円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ