居酒屋の戦後史[橋本健二]
  • Googleプレビュー

居酒屋の戦後史 (祥伝社新書)
橋本健二

885円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年12月02日頃
  • 著者/編集:   橋本健二
  • レーベル:   祥伝社新書
  • 出版社:   祥伝社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  270p
  • ISBNコード:  9784396114503

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人々がどんな場所で、どんな酒を飲むか。それらはその時代の社会のあり方を、色濃く反映する。家庭でビールを飲み、行きつけの店でウイスキーのボトルをキープする。そんな姿はいつごろ定着したか。また、戦後のヤミ市からチェーン居酒屋の勃興に至るまで、居酒屋の形態はどのように変わってきたか。そこには「一億総中流」と言われるまでの、日本社会の歩みが反映されているのだ。そして今、再び格差社会が訪れ、酒の飲み方にも影響を及ぼしている。戦後七〇年を経て、「酒と居酒屋」という一風変わった視点から、日本社会の変遷を振り返る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ヤミ市から生まれた戦後居酒屋/第2章 文士と酒の戦中・戦後/第3章 戦後復興と酒/第4章 高度成長期の酒と居酒屋/第5章 地酒ブームと名酒居酒屋の発展/第6章 格差拡大と「酒格差社会」

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
橋本健二(ハシモトケンジ)
早稲田大学人間科学学術院教授。1959年、石川県生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学の後、静岡大学助教授を経て2002年より武蔵大学社会学部教授、2013年より現職。専門は理論社会学および階級・階層論。趣味と研究を兼ねて居酒屋めぐりをフィールドワークとする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(6件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

885円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      人生の結論
      人生の結論

      小池一夫

      874円(税込)

    3. 3
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    4. 4
      年齢は捨てなさい
      年齢は捨てなさい

      下重暁子

      864円(税込)

    5. 5
      死にゆく人の心に寄りそう
      死にゆく人の心に寄りそう

      玉置妙憂

      820円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ