日本は本当に戦争する国になるのか?[池上彰]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

日本は本当に戦争する国になるのか? (SB新書)
池上彰

864円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 日本は本当に戦争する国になるのか? 864円
紙書籍版 日本は本当に戦争する国になるのか? 864円

商品基本情報

  • 発売日:  2015年12月07日頃
  • 著者/編集:   池上彰
  • レーベル:   SB新書
  • 出版社:   SBクリエイティブ
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  206p
  • ISBNコード:  9784797386486

商品説明

【内容情報】(出版社より)
安保関連法について、「正直よくわからない」「みんなが反対してるから、反対」「賛成なんだけど、理由ははっきり言えない」など、関心はあるけれど曖昧な知識ではっきり主張できずにいる人たちへ向けて。あなたの安保法案にまつわるモヤモヤを池上さんが解説!
安保関連法可決で、これからの日本はどう変わるのか?
自衛隊の活動範囲は、具体的にどう変わるのか?
今後考えられ得る具体的なリスクは? またメリットは?
日本は本当に戦争にかかわるリスクが高まったのか?
池上さんの見方を展開します。池上さんが語る「安保関連法」の書籍は初めて。

はじめにー憲法違反か、抑止力か。噛み合わなかった議論

1 「安保法案」= 「憲法違反」って、どういうこと?
-憲法解釈について
・憲法改正から、解釈の変更へ
・諸外国での憲法改正例など

2 「安保関連法」って、いったいなに?
-10の法律改正と1つの新規法案について
・国会での議論を検証しよう
・日本人母子を乗せた米艦警護?
・ホルムズ海峡の地雷除去?
・核兵器も自衛隊が運送可能?
・南シナ海、中国の脅威
・北朝鮮の脅威

3 「安保関連法」はアメリカの言いなり?
-国際社会での信頼について
・アメリカの言いなりって本当?
・アメリカの「アーミテージ・ナイ報告書」の要望
・湾岸戦争での日本の評価。血と汗なしでは、貢献が認められなかった
・諸外国の見方は?

4 政治運動の新潮流が起きた
-若者による反対運動
・新聞論調も二分された
・記事の偏り、記事のファクトが信用性を失った
・反対運動の新潮流! シールズの誕生
・来年、18歳の有権者はどう行動するか?

5 戦後の安全保障政策の大転換って、どういうこと?
-これからの自衛隊について
・自衛隊の活動はどう広がるの?
・これまでの自衛隊の海外派遣の実態は?
・南スーダンでの「駆けつけ警護」
・そのとき、世論はどう動くか?

6 「安保関連法」と「安保条約」との関係は?
-安保条約の誕生と変遷について
・サンフランシスコ平和条約で日本が独立
・旧安保条約ってなんだろう?
・60年安保改正とは?
・沖縄の基地問題について
・沖縄の負担は変わらず

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
2015年の夏、国会議事堂前には、大勢の人たちが詰めかけ、安倍政権の手法に抗議しました。しかし、民主主義とは多数決の原理。安倍政権に、多くの国民が信任を与えているからこそ、安保関連法は成立したのです。憲法を、そして民主主義を考える絶好のチャンスを、2015年の夏は私たちに与えてくれました。自由闊達に議論し、議論することが批判されることのない社会。それこそが民主主義社会だと思うのです。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 賛成派と反対派、噛み合わなかった議論/1章 「安保法案」は「憲法違反」って、どういうこと?-憲法解釈について/2章 「安保関連法」って、いったいなに?-10の法律改正と一つの新法について/3章 「安保法制」と中国ー中国の脅威にどう対処するか/4章 「安保関連法」はアメリカの言いなり?-国際社会での信頼について/5章 政治運動の新潮流が起きたー若者による反対運動/6章 戦後の安全保障政策の大転換って、どういうこと?-これからの自衛隊について/7章 「安保関連法」と「安保条約」との関係は?-安保条約の誕生と変遷について/おわりにー憲法を、民主主義を私たち一人ひとりが考える

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
池上彰(イケガミアキラ)
1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、NHKに記者として入局。さまざまな事件、災害、教育問題、消費問題などを担当する。1994年4月から11年間にわたり「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年3月にNHKを退職したのを機に、フリーランスのジャーナリストとしてテレビ、新聞、雑誌、書籍など幅広いメディアで活動。2012年2月、東京工業大学リベラルアーツセンター教授に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(18件)

総合評価
 4.07

ブックスのレビュー

  • 面白かった。
    ゆいちゃんばあ
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2016年03月06日

    著者はテレビでよくお目にかかっておりますが、本を読むのは初めてでしたが、面白く読めました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年05月13日 - 2019年05月19日)

     :第-位( - ) > 新書:第3139位(↑) > その他:第1093位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

864円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    3. 3
      仕事と心の流儀
      仕事と心の流儀

      丹羽 宇一郎

      928円(税込)

    4. 4
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    5. 5
      続 昭和の怪物 七つの謎
      続 昭和の怪物 七つの謎

      保阪 正康

      928円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ