本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
ストレスチェック制度の狙いと課題[渡辺洋一郎]
  • Googleプレビュー

ストレスチェック制度の狙いと課題 メンタルヘルス不調を未然に防止し、職場環境の改善を
渡辺洋一郎

1,375円(税込)送料無料

【3日間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
この12月から、労働者50人以上の事業所には毎年1度以上のストレスチェックを行うことが義務づけられます(50人未満では努力義務)。この制度は、単にアンケートをして症状チェックをすることだけでなく、心理的な負担の程度を把握し、その手前にあるメンタルヘルス不調を未然防止する「一次予防」と、社員が病気にならないような仕組み作りである「職場の環境改善」が主たる目的です。

 そのためには、全ての労働者の受検と必要に応じた面接指導を行う体制づくりが必要です。ストレスチェック検査において高リスクと判定された方は、自ら結果を事業者に知らせて面接指導を受け、その結果を事業者は聞いて必要な事後措置をすることになります。

 制度は導入してアンケートはしたが、面接希望の手が挙がらない・挙がりにくい仕組みでは制度導入の意味がなく、また面接指導から事後措置前の一連の流れをきちんと作れないと効果があがりません。

 法改正対応のため、あるいはストレスチェック制度導入自体を目的とするのではなく、ストレスチェック制度を入口として、職場環境改善、従業員の健康管理、それを通じた生産性向上と企業の業績アップにつなげるための一冊です。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ストレスチェック制度の本質の理解とその実施方法(ストレスチェック制度とはーその本質の理解こそが最重要/ストレスチェックの実際/集団ごとの集計・分析の実施/ストレスチェック実施におけるその他の留意事項/ストレスチェック制度を有効に活用するために)/第2章 ストレスチェック制度を有効に運用していくためのポイント(ストレスチェックで企業がめざすもの/キーマンは「制度担当者」/導入検討期/運用準備期/調査準備〜実施/実施後〜断続的効果にむけて)/資料編(ストレスチェック制度Q&A/座談会)/参考資料(職業性ストレス簡易調査票を用いた実績データから作成された分布表/高ストレス者を選ぶ際の基準点)/付:厚生労働省(2015年11月24日リリース)版ストレスチェック実施プログラムの活用と留意点

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,375円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:医学・薬学・看護学・歯科学

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ