脳・戦争・ナショナリズム[中野剛志・中野信子・適菜収]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克 (文春新書)
中野剛志

831円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克 800円
紙書籍版 脳・戦争・ナショナリズム 831円

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • 脳・戦争・ナショナリズム[中野剛志・中野信子・適菜収]
  • +
  • サイコパス[中野信子]
  • 脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克 (文春新書)
  • 中野剛志

831円(税込)

在庫あり

842円(税込)

在庫あり

合計 1,673円(税込)

閉じる

商品説明

ヒトはなぜ集団に縛られ、無能なリーダーを選び、殺し合いに走ってしまうのか? 気鋭の若手がサイエンスと経済学、哲学の境界領域に

【内容情報】(出版社より)
痛快すぎる知的刺激! 「近代的人間観を捨てよ」
脳科学・社会科学・哲学……新進気鋭の論客による白熱の議論10時間!

人類はなぜナショナリズムに高揚し、愚かな政治的リーダーを支持し、戦争をやめられないのだろうか? なぜ賢いはずのインテリがバカな政策を支持し、知性に溢れた科学者がサイコパスに翻弄されてしまうのか? あるいは、なぜ日本人は「空気を読む」のが得意なのに、外交が不得手で英語も下手なのか? ……じつは最先端の脳科学実験では、これらの疑問を解き明かすヒントが多数報告されている。
本書は新進気鋭の論客たちが、脳科学実験の成果や古今東西の哲人・社会学者の知見などをもとに、われわれが囚われている近代的人間観を乗り越えることを試みる。
「保守主義は危険」「ナショナリズムは悪」「改革は善」「人を見た目で判断してはいけない」……こうした思考は、すべて近代がもたらした迷妄にすぎない。
近代的価値観が捨象してしまったものの中にこそ、人間の本質がある。最先端の脳科学でも、それを裏付ける結果が出ているのだ。
本書に「きれいごと」は一切ありません!

◎男は女より知能が高い個体が多いが、バカも多い
◎ナショナリズムが快楽なのは「内集団バイアス」が働くから
◎ドーパミンが多い民族は進取の気性に富むが、浮気も大いにする
◎「自由」は人間の脳にとっては苦痛である。国民主権も民主主義も、脳には合わないシステムだった
◎イスラム国が世界遺産を破壊するのは、聖的なシンボルを破壊すれば共同体が滅びるから
◎生物学的に女性のほうが「保守」の本質を深く理解している
◎世の中にバカがはびこるのは、「B層」よりも「A層」に責任がある
◎脳内物質オキシトシンは人類社会をまとめるが、戦争にも駆り立てる

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「ナショナリズムは危険なもの」「知性で殺し合いは回避できる」「人を見た目で判断してはいけない」…これらは近代の迷妄にすぎません。脳科学、社会科学、哲学の若手論客が人間の本質を鋭く突いた白熱の討論10時間!

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 近代的人間観を捨てよ!/第1章 ナショナリズムーなぜ快楽なのか/第2章 国家と体制ーなぜ自由は苦痛なのか/第3章 ポピュリズムーなぜバカがはびこるのか/第4章 暴力ーなぜ人間は戦争をやめられないのか/おわりに 近代を超えられるか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中野剛志(ナカノタケシ)
批評家。1971年生まれ。東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省。エディンバラ大学で博士号取得(社会科学)。経済産業省産業構造課課長補佐、京都大学工学研究科大学院准教授などを歴任。専門は政治経済学、政治経済思想

中野信子(ナカノノブコ)
脳科学者。1975年生まれ。東日本国際大学教授、横浜市立大学客員准教授。東京大学工学部卒業、同大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。医学博士。2008年から10年まで、フランス国立研究所ニューロスピン(高磁場MRI研究センター)に勤務

適菜収(テキナオサム)
評論家。1975年生まれ。早稲田大学卒業後、出版社勤務を経て執筆活動を開始。ニーチェに関する一連の著作で論壇の注目を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 面白い部分もあるが
    dandy7751
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2018年05月10日

    脳科学の話は興味がわくが、適菜収という自称哲学者の話はひどすぎる。
    首相、政権をコキおろし建設的な意見を言わない、批判だけで学者とは思えない。
    気分が悪くなって途中で読むのをやめた。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

831円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      極上の孤独
      極上の孤独

      下重暁子

      842円(税込)

    2. 2
      昭和の怪物 七つの謎
      昭和の怪物 七つの謎

      保阪 正康

      950円(税込)

    3. 3
      東海オンエアの動画が6.4倍楽しくなる本 虫眼鏡の概要欄
      東海オンエアの動画が6.4倍楽しくなる本…

      虫眼鏡

      950円(税込)

    4. 4
      未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること
      未来の年表2 人口減少日本であなたに起…

      河合 雅司

      907円(税込)

    5. 5
      老人の取扱説明書
      老人の取扱説明書

      平松 類

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ