土門拳写真論集[土門拳]
  • Googleプレビュー

土門拳 写真論集 (ちくま学芸文庫)
土門 拳

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
戦後を代表する写真家、土門拳の書いた写真選評やエッセイを精選。巨匠のテクニックや思想を余すところなく盛り込んだ新編集。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦後日本を代表する写真家、土門拳(1909-90)の書いた文章を一冊に精選。第1部ではカメラ雑誌で行われていた写真コンテストの月例選評を、第2部では写真に関する評論・エッセイ24篇を収録。土門が提唱し続けたこと、それは対象をありのままに捉える「モチーフとカメラの直結」、そして「絶対非演出」。その思想は哲学的ですらある。アマチュアたちと全力で向き合い、日本の写真史に多大な足跡を残した巨匠のテクニックをあますところなく伝えるアンソロジー。文庫オリジナル。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 写真選評(一九五〇年/一九五三年/一九五五年/一九五七年/一九五八年 ほか)/2 評論・エッセイ(世界の有名写真家のベスト・テンをあげて下さい/皮膚に関する八章/顔/自己開放的な写真と自己閉鎖的な写真/モチーフの捉え方とその表現 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
土門拳(ドモンケン)
1909-90年。山形県酒田市生まれ。日本工房の社員等を経て1945年からフリーランス。『ヒロシマ』『筑豊のこどもたち』『古寺巡礼』などの写真集を発表し、戦後日本を代表する写真家となった。1950年からは『カメラ』誌上の月例写真コンテストの審査員になり、アマチュア写真の指導にも情熱をそそいだ

田沼武能(タヌマタケヨシ)
1929年、東京生まれ。東京写真工業専門学校卒業。1949年にサンニュースフォトスに入社し木村伊兵衛に師事、1972年からフリーランス。1995年より20年にわたり、日本写真家協会会長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,512円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      新・魔法のコンパス
      新・魔法のコンパス

      西野 亮廣

      712円(税込)

    2. 2
      罪の声
      罪の声

      塩田 武士

      993円(税込)

    3. 3
      慈雨
      慈雨

      柚月 裕子

      820円(税込)

    4. 4
      今昔百鬼拾遺 河童
      今昔百鬼拾遺 河童

      京極 夏彦

      820円(税込)

    5. 5
      海の見える理髪店
      海の見える理髪店

      荻原 浩

      626円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ