農業経営の未来戦略(3)[小田滋晃]
  • Googleプレビュー

農業経営の未来戦略(3) 進化する「農企業」
小田滋晃

2,916円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 産地再編のうねりのなかの農企業ーさらなる進化を加速するために(わが国における果樹産地の変貌と産地再編ー新たな「産地論」の構築に向けて/農協が切り拓く環境激変期の産地活性化ー産地と消費を結ぶ流通機能に注目して/産地再編と農業関係機関の役割ーシュンペーターの「新結合」の視点から/「産地再編」と農企業ネットワークー「『農林中央金庫』次世代を担う農企業戦略論講座」シンポジウムより)/第2部 農企業の多様な進化(JAにおける地域農業振興計画の現状と課題ーアンケート調査結果を踏まえて/フランスの地産地消をめぐるダイナミクス/飼料作産地の新たな動き/飼料用米の産地形成に関わる問題と課題/産地再編に伴う出荷体制の整備とその調整方法ー福井県の梅産地を事例として/新たな農法による産地形成の実態ー兵庫県豊岡市の「コウノトリ育む農法」を事例として/知的財産制度の戦略的な活用と産地形成、その展開方向ー稲美ブランドの事例から)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小田滋晃(オダシゲアキ)
京都大学大学院農学研究科教授。1954年生まれ。1984年より大阪府立大学農学部助手を経て、1993年京都大学農学部附属農業簿記研究施設講師、助教授、2004年より現職。専門は、農業経済学、農業経営学、農業会計学、農業情報学。農業生産の現場に軸足を置きつつ、農業及び農業関連産業における「ヒト、モノ、農地、カネ」の関係や有り様をアグリ・フード産業クラスター、六次産業化や農商工連携をキーワードにして研究を行っている

坂本清彦(サカモトキヨヒコ)
京都大学大学院農学研究科特定准教授。1970年生まれ。千葉大学園芸学部卒業後、青年海外協力隊員、農林水産省職員を経て、米国ケンタッキー大学でPh.D.(社会学)取得。同大学非常勤講師などを経て、2014年4月より現職。専門は農業社会学、農村開発

川崎訓昭(カワサキノリアキ)
京都大学大学院農学研究科特定助教。1981年生まれ。京都大学農学部卒業、京都大学大学院農学研究科博士後期課程研究指導認定。2012年より現職。専門は、農業経営学、産業組織論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,916円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ