持統天皇血塗られた皇祖神[関裕二]
  • Googleプレビュー

持統天皇血塗られた皇祖神 異端の古代史6 (ワニ文庫)
関裕二

739円(税込)送料無料

【消費税率変更】税込価格表記に関するご注意

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

このバナーをご覧の方限定!100円引きクーポン

クーポン獲得はこちら
※税込み3,000円以上購入でご利用可能

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年01月
  • 著者/編集:   関裕二
  • レーベル:   ワニ文庫
  • 出版社:   ベストセラーズ
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  270p
  • ISBNコード:  9784584393833

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本では十代、八人もの女帝が擁立された。これは世界史レベルでも、大きな謎である。ただ、歴史を紐解くと、これは硬直した男性の政治を女性の柔軟性を取り入れることで可能にした「世直し」という解釈が成り立つ。しかし、本書で取り上げる持統天皇は、女帝の持つ危うさが表出した希有な例である。この女人は自らの権力欲を満たすために、陰謀と血の粛清によって政敵を倒し、三世紀以来続くヤマトの「よき伝統」を破壊し尽くした。そして、今日に続く天皇家の基礎を、創造していった。神話からも読み解ける、知られざる持統天皇の正体とは?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 持統天皇という女傑(持統天皇の罪/ヤマト建国とヤマトの王の歴史 ほか)/第2章 大津皇子の謀反が語ること(『万葉集』が語る持統の天武への愛/天武の愛情の行方 ほか)/第3章 正史ではなく木簡が語る真実(持統の選んだ道/持統に対する歴史的評価 ほか)/第4章 藤原氏に葬られた女帝(神話として消し去られた実像/アマテラスは持統そのものだった! ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
関裕二(セキユウジ)
1959年生まれ。歴史作家。仏教美術に魅了され、奈良に通いつめたことをきっかけに、日本古代史を研究。以後古代をテーマに意欲的な執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • 面白く読めました
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2016年02月14日

    良く研究しているようで面白く読めました。習った歴史と異なる見解もあるので今後のさらなる研究も待たれます。おそらく賛否の意見は分かれると思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

739円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      黄緑のネームプレート
      黄緑のネームプレート

      赤川次郎

      691円(税込)

    2. 2
      屍人荘の殺人
      屍人荘の殺人

      今村 昌弘

      799円(税込)

    3. 3
      よみがえる変態
      よみがえる変態

      星野 源

      648円(税込)

    4. 4
      危険なビーナス
      危険なビーナス

      東野 圭吾

      972円(税込)

    5. 5
      アイネクライネナハトムジーク
      アイネクライネナハトムジーク

      伊坂幸太郎

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ