ふたり女房[澤田瞳子]
  • Googleプレビュー

ふたり女房 京都鷹ケ峰御薬園日録 (徳間文庫)
澤田瞳子

712円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 ふたり女房 京都鷹ヶ峰御薬園日録 713円
紙書籍版 ふたり女房 712円

商品基本情報

  • 発売日:  2016年01月07日頃
  • 著者/編集:   澤田瞳子
  • 出版社:   徳間書店
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  360p
  • ISBNコード:  9784198940577

この商品を含むセット商品

商品説明

【内容情報】(出版社より)
京都鷹ヶ峰にある幕府直轄の薬草園で働く元岡真葛。ある日、紅葉を楽しんでいると侍同士の諍いが耳に入ってきた。「黙らっしゃいッ!」--なんと弁舌を振るっていたのは武士ではなく、その妻女。あげく夫を置いて一人で去ってしまった。真葛は、御典医を務める義兄の匡とともに、残された夫から話を聞くことに……。女薬師・真葛が、豊富な薬草の知識で、人のしがらみを解きほぐす。

【目次】(「BOOK」データベースより)
人待ちの冬/春愁悲仏/為朝さま御宿/ふたり女房/初雪の坂/粥杖打ち

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
澤田瞳子(サワダトウコ)
1977年京都府生まれ。同志社大学文学部文化史学専攻卒業、同大学院博士前期課程修了。専門は奈良仏教史。2011年、初の小説『孤鷹の天』(徳間書店)で第17回中山義秀文学賞を最年少で受賞。13年『満つる月の如し仏師・定朝』(徳間書店)で、本屋が選ぶ時代小説大賞2012(「オール讀物」誌)ならびに第32回新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング(2017年11月18日)

     :第-位( - ) > 文庫:第1456位(↑) > 人文・思想・社会:第1329位(↑)

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

712円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      残像に口紅を
      残像に口紅を

      筒井康隆

      802円(税込)

    2. 2
      僕と妻の1778話
      僕と妻の1778話

      眉村卓

      648円(税込)

    3. 3
      紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男
      紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円…

      野崎 幸助

      842円(税込)

    4. 4
      サラバ! 上
      サラバ! 上

      西 加奈子

      680円(税込)

    5. 5
      生者(せいじゃ)と死者
      生者(せいじゃ)と死者

      泡坂妻夫

      594円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ