ホンダオートバイレース史[中沖満]
  • Googleプレビュー

ホンダオートバイレース史 浅間レースからマン島TTまで
中沖満

2,160円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年01月
  • 著者/編集:   中沖満
  • 出版社:   三樹書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  270p
  • ISBNコード:  9784895226516

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
町工場からスタートしたホンダが浅間レースに出場しそして世界の舞台であるマン島TTに参戦。レースで培った技術は、日夜洗練され世界のオートバイメーカーとの技術格差を驚異的なスピードで克服したのである。そして、1961年の西ドイツGPで高橋国光選手が日本人ライダーによる日本製マシンで初の優勝を飾った。同年のマン島TTでは、3度目の挑戦にしてついに125ccと250ccクラスで日本メーカー初となるクラス優勝を果たした。日本の二輪関係者への取材を続け浅間ミーティングクラブの初代理事を務めた著者が語るホンダのオートバイレース史。

【目次】(「BOOK」データベースより)
ぼくとホンダの出会い/ホンダの生い立ちードリーム号の誕生/良品に国境なしー赤カブの大ヒット/世界をめざしてーTTレース出場宣言/“作業服神聖論”-白いつなぎのエピソード/力を合わせてピンチを乗り越えるー宗一郎氏と労働組合/浅間高原レースへーヤマハとの熱戦/2ストローク対4ストロークー第2回浅間火山レース/世界の舞台へーついにマン島上陸/ホンダ、マン島TT初戦ー井の中の蛙、大海を知る/再び浅間へー国内のレーサーたち/マン島で学んだことーGPマシンへの情熱/マン島帰りのホンダー本田宗一郎氏と鈴木俊三氏/1960年、マン島ーデュークの“手引書”/三度目の挑戦ー外国人ライダーの存在/MVアグスタの引退ーホンダ、西ドイツGPでの優勝/“世界のホンダへ”-マン島TTでの優勝

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中沖満(ナカオキミツル)
1932年(昭和7年)東京・麹町生まれ。番町小学校、麹町高等国民学校、旧制九段中学中退。1948年9月、わたびき自動車工業株式会社に入社。塗装職人として34年間勤めた後、1983年からフリーのライターとして活躍。1975年に「浅間ミーティング・クラブ」を有志とともに設立し、初代理事長を務める。1989年には長野原町に二輪車博物館として「浅間記念館」を開館するなど、32年間にわたりクラブの活動を支えた。2007年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年03月28日

    今も昔もホンダはチャレンジャーであってほしい。そんな気持ちになる本でした。
    バイクの黎明期を書いた中沖さんの文章を久しぶりに読みました。
    こころが熱くなりました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

2,160円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ