楽天Kobo・RakutenTV・楽天マガジンを初めてご利用で楽天ブックスでのお買いものがポイント最大28倍
現在地
トップ >  > パソコン・システム開発 > その他
人工知能は敵か味方かパートナー、主人、奴隷ー人間と機械の関係を決める転[ジョン・マーコフ]
  • Googleプレビュー

人工知能は敵か味方か パートナー、主人、奴隷ー人間と機械の関係を決める転
ジョン・マーコフ

2,420(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介

この10年、グーグルが自動運転車を開発し、ロボット会社を何社も買収した。
アップルはパーソナル・アシスタントのSiriを発表した。
そして今、人工知能やロボットが人間のビジネス、教育、ヘルスケア分野に導入されつつある。
人工知能は、人間の仕事を奪う敵になるのか、それとも人間の能力を「拡張」する味方になるのかーー

グーグルのロボット会社買収や自動運転車の開発など
数々のスクープを飛ばし、プロジェクトでピュリッツァー賞も受賞した
ニューヨーク・タイムズ紙のベテラン記者が解説する!

グーグルは自動運転車で何を狙うのか?
東大出身のロボット会社「シャフト」や軍事ロボットを開発したボストン・ダイナミクスを買収して、どこに向かうのか?
ジョブズのラスト・シングス、Siriは人間を拡張し続けるのか?
AIはこれまで何度も、興隆期と停滞期を経験したが、現在のAIブームは本物なのか?

AIの過去、現在、未来を徹底的に分析する。

内容紹介(出版社より)

この10年、グーグルが自動運転車を開発し、ロボット会社を何社も買収した。
アップルはパーソナル・アシスタントのSiriを発表した。
そして今、人工知能やロボットが人間のビジネス、教育、ヘルスケア分野に導入されつつある。
人工知能は、人間の仕事を奪う敵になるのか、それとも人間の能力を「拡張」する味方になるのかーー

グーグルのロボット会社買収や自動運転車の開発など
数々のスクープを飛ばし、プロジェクトでピュリッツァー賞も受賞した
ニューヨーク・タイムズ紙のベテラン記者が解説する!

グーグルは自動運転車で何を狙うのか?
東大出身のロボット会社「シャフト」や軍事ロボットを開発したボストン・ダイナミクスを買収して、どこに向かうのか?
ジョブズのラスト・シングス、Siriは人間を拡張し続けるのか?
AIはこれまで何度も、興隆期と停滞期を経験したが、現在のAIブームは本物なのか?

AIの過去、現在、未来を徹底的に分析する。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

この10年、グーグルが自動運転車を開発し、アップルはパーソナル・アシスタントのSiriを発表した。そして今、人工知能やロボットが人間のビジネス、教育、ヘルスケアの分野に導入されつつある。これらの人工知能は進化を遂げ、将来われわれはマシンをコントロールするのか、それともマシンにわれわれはコントロールされるのか?

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 人間とマシンの間/第2章 砂漠を駆け抜けるー自動運転車の誕生と成長/第3章 人類には不利な競争/第4章 AIの栄枯盛衰、そして復活/第5章 倫理をめぐる研究者たちの闘争ーNASAからスタンフォードまで/第6章 有能なパーソナル・アシスタント/第7章 グーグルのロボット参入/第8章 ジョブズのワン・ラスト・シング(最後にもうひとつ)/第9章 主人、奴隷、それともパートナー?

著者情報(「BOOK」データベースより)

マルコフ,ジョン(Markoff,John)
1988年にニューヨーク・タイムズ紙に入社して以来、ビジネス部門でテクノロジーを追い、現在は科学部門で取材を続ける。2013年には、労働と自動化の関係を探ったニューヨーク・タイムズのプロジェクトで、解説報道部門におけるピュリッツァー賞を受賞。ウィットマン・カレッジ卒業、オレゴン大学で社会学修士号取得。1949年カリフォルニア州オークランド生まれ、パロアルト育ち。現在はサンフランシスコ在住

瀧口範子(タキグチノリコ)
フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。上智大学外国学部ドイツ語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(9件)

総合評価
 3.28

ブックスのレビュー(1件)

  • 人工知能は敵か味方か
    yoya2003
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2016年09月03日

    ここ数年で最も読み終わるまでに時間のかかった本でボリューム十分。
    AIとIAがキーワードになっている。
    AIは人間にとってかわるもの、IAは人間を補佐するものという考え方だ。
    人工知能を考える場合必ず倫理的なものが問題となる。
    本来人間がやっていた仕事をAIが代行することによってどんどん人間の仕事が減っていく。
    企業からすると業務の効率化とコストの削減が得られるのでこれからさらにAIの導入がすすむと思われる。
    人間の知能を上回った人工知能が人間を支配する未来がやってくるかもしれない(ターミネーターのように)
    それでも科学者は研究をとめられないのだろうな。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:パソコン・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【令和3年度】 いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書+出る順問題集
      【令和3年度】 いちばんやさしいITパス…

      高橋 京介

      1,738円(税込)

    2. 2
      ネガティブな毎日をポジティブに変換 もっと自由に駆け抜けろ!
      ネガティブな毎日をポジティブに変換 も…

      あめんぼぷらす

      1,430円(税込)

    3. 3
      MOS Excel 365&2019 対策テキスト&問題集
      MOS Excel 365&2019 対策テキスト&問題集

      富士通エフ・オー・エム(FOM出版)

      2,310円(税込)

    4. 4
      沈黙のWebライティング
      沈黙のWebライティング

      松尾茂起

      2,200円(税込)

    5. 5
      眺めるだけでワクワクできる 彩る手帳アレンジ
      眺めるだけでワクワクできる 彩る手帳ア…

      KADOKAWA ライフスタイル編集部

      1,485円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ