歴史社会学の作法
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

歴史社会学の作法 戦後社会科学批判 (現代社会学選書)
佐藤健二(社会学)

3,348円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2001年08月
  • 著者/編集:   佐藤健二(社会学)
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  312p
  • ISBNコード:  9784000265157

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
社会や文化を理解する上で、なぜ歴史を問わなければならないのか。社会学はなぜ歴史社会学の視点を保たなければならないのか。戦後の社会科学とくに社会学の歴史意識を批判的に検討し、社会を人間の実践の痕跡、文字や記録の痕跡が重層的に重なり合う複合的な言語空間と捉えかえすことで、その批判的解読には歴史社会学の方法と論理が不可欠であることを説く。柳田国男のテクストを従来のステロタイプ化した理論的構図から救出し、忘れられた民間学者石井研堂の考証力に光りをあてる。社会学の基礎をなすデータやテキストの歴史性の問い方読み方を論じて独自の資料論を展開し、読者を「読み説く」という実践の妙へと誘う。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 歴史社会学とは何か(社会学における歴史性の構築)/2 柳田国男と歴史社会学(民俗学と市民社会/新語論の発想/作品としての『明治大正史世相篇』)/3 テクストとデータベース(印刷革命と読むことの近代/大衆文化の想像力/もう一つの『明治事物起原』)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
佐藤健二(サトウケンジ)
1957年生まれ。東京大学文学部社会学科卒、同大学院社会学研究科修士課程修了。東京大学教養学部助手、法政大学助教授を経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科助教授(社会学、文化資源学担当)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

3,348円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ