図鑑シリーズ
本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 絵本・児童書・図鑑 > 絵本 > 絵本(日本)

おんちょろちょろ 日本民話 (こどものとも絵本)
瀬田貞二

990(税込)送料無料

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • おんちょろちょろ日本民話(こどものとも絵本)[瀬田貞二]
  • +
  • やまなしもぎ
  • おんちょろちょろ 日本民話 (こどものとも絵本)
  • 瀬田貞二

990円(税込)

在庫あり

1,320円(税込)

在庫あり

合計 2,310円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(情報提供:絵本ナビ)



男の子が道に迷ってしまいました。

一軒家を見つけたので、尋ねてみたんです。

おじいさんとおばあさんが出てきて

男の子は小僧さんと間違えられましたが、

そのまま小僧のふりをしました。

そしたらお経をあげることになってしまい、さあ大変。

しかたがないのででたらめな言葉で

お経のように唱えました。

男の子は次の日町まで送ってもらいましたが、

おじいさんとおばあさんはそのでためなお経を

毎日唱えていました。

そんな二人の家に泥棒が・・・

毎日唱えているお経の効果はあるのでしょうか。

お経と泥棒の動きがリンクしてて面白かったです。(ジョージ大好きさん 40代・愛知県 男の子11歳)

【情報提供・絵本ナビ】

内容紹介(出版社より)

使いに出た男の子が道に迷い、老夫婦の家に泊めてもらいました。お寺の小僧になりすました男の子は老夫婦にもてなされますが、お経をあげてほしいと頼まれて困り、ちょうどそのとき壁のすみから出てきたねずみを見て「おんちょろちょろ……」とでたらめなお経を唱えます。そうとは知らない老夫婦はありがたがって、それからそのお経を毎日熱心に唱え続けました。その「ありがたいお経」が泥棒たちを退散させるというお話。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

道に迷った男の子が老夫婦の家に泊めてもらいますが、お寺の小僧になりすましたことから、お経をあげてほしいとお願いされ…。

著者情報(「BOOK」データベースより)

瀬田貞二(セタテイジ)
1916〜1979。東京生まれ。東京帝国大学文学部卒業。児童文学の評論、創作、翻訳などで活躍

梶山俊夫(カジヤマトシオ)
1935〜2015。東京生まれ。1962年、シェル美術賞受賞。1973年、1997年、世界絵本原画展(BIB)金のリンゴ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(4件)

総合評価
 4.67

ブックスのレビュー(2件)

  • (無題)
    ころもさん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年09月21日

    おんちょろちょろと言うと、子供はおかしいらしく毎回笑います。
    ユニークな昔話です。

    0人が参考になったと回答

  • お気に入りです
    レモンメレンゲパイ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年11月16日

    病院の待合室で最後まで読めなかったので購入。寝る前に毎日読んでいます。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年05月13日 - 2024年05月19日)

     :第-位( - ) > 絵本・児童書・図鑑:第-位( - ) > 絵本:第7098位(↑) > 絵本(日本):第6234位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと14

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ