支配的動物[ポール・エーリック]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 生物学

支配的動物 ヒトの進化と環境
ポール・R.エーアリック

4,536円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人類は、他の動物を圧倒して「支配的動物」となり、地球に君臨してきた。しかし今、その繁栄が地球環境を悪化させ、文明崩壊の危機を招いている。食糧危機、生物種の絶滅、自然資源の枯渇、環境汚染、オゾンホールの拡大、温室効果ガスの排出と地球温暖化ー遺伝的淘汰と文化的淘汰は、目の前の敵や急速な変化に対応するメカニズムを進化させてきた。だが、グローバル化した現代にあって、環境のゆっくりとした変化こそが、もっとも致命的な脅威となった。これらの危機を回避することは可能だろうか?科学技術の進歩と価値観の変革を頼みとすることはできるのだろうか?

【目次】(「BOOK」データベースより)
ダーウィンの遺産とメンデルのメカニズム/土手の雑踏/はるか昔/遺伝子と文化/文化的進化ーお互いをどのように関係づけるか/知覚、進化、信念/人口の増減/文化的進化の歴史/生(と死)の循環/ヒトによる地球の支配と生態系/消費とそのコスト/新たな責務/地球の大気の変化/エネルギーー尽きかけているのか?/自然資本を救う/統治ー予期せざる結果に対処する

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
エーリック,ポール・R.(Ehrlich,Paul R.)(エーリック,ポールR.)
スタンフォード大学生物科学部教授。同大学保全生物学研究センター所長。生態学、保全生物学、進化生物学の研究者として、昆虫の個体群の動態、植物と草食動物の共進化、地球環境への人口の爆発的増加の影響といったテーマに取り組んできた。論文や解説は900篇あまり、著書も40冊以上を数える。クラフォード賞(1990年)やブループラネット賞(1999年)をはじめ、多数の賞を受賞している

エーリック,アン・H.(Ehrlich,Anne H.)(エーリック,アンH.)
スタンフォード大学生物科学部、名誉シニアリサーチサイエンティスト。ポールとの共著多数。チョウやサンゴ礁の魚類の研究のほか、ポールとともに環境保護活動に取り組んでいる

鈴木光太郎(スズキコウタロウ)
新潟大学人文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

4,536円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ