遠い山なみの光
  • Googleプレビュー

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)
カズオ・イシグロ

756円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • 遠い山なみの光
  • +
  • 日の名残り
  • 遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)
  • カズオ・イシグロ

756円(税込)

在庫あり

820円(税込)

在庫あり

合計 1,576円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
故国を去り英国に住む悦子は、娘の自殺に直面し、喪失感の中で自らの来し方に想いを馳せる。戦後まもない長崎で、悦子はある母娘に出会った。あてにならぬ男に未来を託そうとする母親と、不気味な幻影に怯える娘は、悦子の不安をかきたてた。だが、あの頃は誰もが傷つき、何とか立ち上がろうと懸命だったのだ。淡く微かな光を求めて生きる人々の姿を端正に描くデビュー作。王立文学協会賞受賞作。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
イシグロ,カズオ(Ishiguro,Kazuo)
1954年11月8日長崎生まれ。1960年、5歳のとき、家族と共に渡英。以降、日本とイギリスの2つの文化を背景にして育つ。ケント大学で英文学を、イースト・アングリア大学大学院で創作を学ぶ。本書『遠い山なみの光』で長篇デビューし、1982年の王立文学協会賞を受賞した。長篇第二作『浮世の画家』でウィットブレッド賞を、1989年には『日の名残り』でブッカー賞を受賞した。1995年の第四作『充たされざる者』につづき、五年ぶりに発表した『わたしたちが孤児だったころ』は、英米でひじょうに高く評価され、発売以来たちまちベストセラーとなった

小野寺健(オノデラタケシ)
東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了、横浜市立大学名誉教授、日本大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(106件)

総合評価
 3.44

ブックスのレビュー

  • ノーベル賞受賞で読んだ
    sorablue2001
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2017年10月29日

    この作家の長編デビュー作、
    今年のアカデミー賞受賞で
    どんな作品なのか気になって
    まずはデビュー作から。
    主人公は現在はイギリスに移住しているが
    長崎にいたころの話と
    現在が交錯した物語。
    日本人の主人公の物語が
    英語で書かれ、それを日本語に
    翻訳して、いま、自分たちが
    目にしているわけで
    なんか不思議な気分だ。
    長崎の平和公園を義父と訪れ、
    巨大な像を見ながら
    主人公は心の中で
    「私は以前からこの像の格好が
    ぶざまな気がしていて、
    原爆が落ちた日のことや
    そのあとの恐怖の数日とは
    どうしても結びつかなかった」と
    言わせる、さらに
    「まるで交通整理の警官のようで
    こっけいにさえ思えた」と。
    しかも同行の義父は
    買い求めた絵葉書を像を
    見比べながら、
    「写真で見るほど立派じゃないな」
    そんなふうに声にだす。
    戦後すぐのその時代の
    雰囲気を表してるのか
    復興の活気の一方で
    立ち直り切れない心の傷が
    どこかに怒りをぶつけていいのか
    そんなものを感じる。
    しかし会話は奇妙だ、
    ほとんど成り立っていない、
    お互いが近くで顔を合わせて
    話しているのに、
    別々に話しているようにも感じる。
    それが何を意図したのか
    分からないが
    読むほうとしては読みにくいし
    もう一度読み返しても
    やはり奇妙な印象は変わらない。
    登場人物の誰もが
    不幸とは言わないが
    幸福そうには思えず、
    どこに「光」があるか分からないが
    もともと生活の中の光なんて
    明確なものじゃないのかもなと
    そんなふう考えた。
    できたら出版の順番に読もうと
    考えていたが
    読みにくいし
    すぐに次を読みたいとも思わないので
    ゆっくり読んでいこう。
    ★オススメ度合い★
    この本、どうだった?と聞かれたら
    それほど積極的には勧められない、
    特に自分のようにミーハーな
    気持ちでノーベル文学賞受賞って
    どんなものかと思いながらだと
    「これが?」とまだ1作目なのに
    考えたりしているからね。
    ★100点満点で 70点★

    0人が参考になったと回答

  • 不思議な作品
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2012年05月13日

    主人公の回想を中心に展開する、イシグロ特有の話法ですが、そこに結構たくさんの登場人物がいて、時も場所も複数なので、一瞬、二人の人が語っているのかな?とさえ思いました。作品全体に何かよくないことが起きるのではないかという、不気味な空気が流れていて、読んでいて不安になりました。
    登場人物にとって、かなり重要なできごとであるはずのことが、結局どうなったのか、なぜこういうことになったのか、普通の作家ならそこに何頁も割くでしょうにイシグロは全く。最後までどうなったのかわからない、とにかく不思議な作品。
    イシグロの初の長編ということで、この作品があって、後の「日の名残り」や「わたしを離さないで」が生まれたのだと思うと、納得できますが。最後の解説で池澤夏樹も書いてますが、翻訳(小野寺健氏)が本当にいいと思いました。

    0人が参考になったと回答

  • イシグロ作品
    katooo5518
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年08月24日

    1作1作違った楽しみがあります。暗い中にも少しだけ希望が見える。新作が待ち遠しいです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年08月19日 - 2019年08月25日)

     :第-位( - ) > 文庫:第7247位(↑) > 人文・思想・社会:第6668位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

756円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      危険なビーナス
      危険なビーナス

      東野 圭吾

      972円(税込)

    2. 2
      小説 天気の子
      小説 天気の子

      新海 誠

      648円(税込)

    3. 3
      後宮の烏 3
      後宮の烏 3

      白川 紺子

      658円(税込)

    4. 4
      アイネクライネナハトムジーク
      アイネクライネナハトムジーク

      伊坂幸太郎

      648円(税込)

    5. 5
      あきない世傳 金と銀(七) 碧流篇
      あきない世傳 金と銀(七) 碧流篇

      高田郁

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ