[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 政治

強いアメリカと弱いアメリカの狭間で 第一次世界大戦後の東アジア秩序をめぐる日米英関係
中谷直司

5,500(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2016年03月15日頃
  • 著者/編集:   中谷直司
  • 出版社:   千倉書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  464p
  • ISBN:  9784805110928

商品説明

内容紹介(出版社より)

序 章 イントロダクション
第一部 日本外交の転換
第1章 対華二十一か条要求の後
第2章 転換をめぐる政策論争
第3章 ウィルソンと牧野伸顕
第二部 制度の解体
第4章 アメリカ国務省の再挑戦
第5章 勢力圏外交秩序の溶解
第6章 日英同盟の終焉
終 章 「強いアメリカ」と「弱いアメリカ」の狭間で

内容紹介(「BOOK」データベースより)

勝利した同盟はなぜ終焉したのか?第一次世界大戦から遠く離れた東アジアで衝突する日米英三国の戦後国際秩序構想。日本外交が、日英同盟からワシントン体制への移行を決断した過程をいま、明らかにする。

目次(「BOOK」データベースより)

イントロダクション/第1部 日本外交の転換(対華二十一か条要求の後ー日本外務省の政策構想の変容/転換をめぐる政策論争ーアメリカの「新外交」攻勢とパリ講和会議方針の決定過程/ウィルソンと牧野伸顕ーパリ講和会議における日米交渉)/第2部 制度の解体(アメリカ国務省の再挑戦ー新四国借款団の設立をめぐる日米英の協調と対立/勢力圏外交秩序の溶解ー日本外交の解答とその帰結/日英同盟の終焉ー勝利した同盟はなぜ失われたのか)/「強いアメリカ」と「弱いアメリカ」の狭間でーワシントン体制への国際政治過程

著者情報(「BOOK」データベースより)

中谷直司(ナカタニタダシ)
同志社大学法学部助教(有期)、博士(政治学)。1978年奈良県生まれ。2001年龍谷大学文学部史学科国史学専攻卒業。2008年3月同志社大学大学院法学研究科博士後期課程修了。同志社大学一神教学際研究センター特別研究員(PD)、日本学術振興会特別研究員(PD)などを経て、2013年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

取り寄せに関して

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ