条件達成でポイント3倍 お買い物マラソン 楽天ブックスのエントリーはこちら
熾界龍皇と極東の七柱特区4[ツカサ]
  • Googleプレビュー

熾界龍皇と極東の七柱特区 4 (ガガガ文庫)
ツカサ

631(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 熾界龍皇と極東の七柱特区4 627円
紙書籍版 熾界龍皇と極東の七柱特区 4 631円

商品基本情報

  • 発売日:  2016年03月18日頃
  • 著者/編集:   ツカサ夕薙
  • レーベル:   ガガガ文庫
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  244p
  • ISBNコード:  9784094516005

商品説明

【内容情報】(出版社より)
ーー立ちはだかるは《楽園の創造主》

第四特区《断界の聖域(シャンバラ)》から帰還した湊たち。神祖《源仙(コンロン)》との一件で学んだことを糧に、「人と神とのよりよい関係」を模索していく。
久方ぶりの平穏もつかの間、第七特区ではある奇妙な病気が蔓延し始めていた。それは「文字を認識できなくなる」という病。原因を探り始めた湊たちは、神祖《天元(エール)》の治める第一特区《天穣の楽園(エデン)》から大量の果実が輸入されていることを知る。加えて、他の特区においても同様の現象が広がっており、事態はますます複雑になっていく。
そんな中、《天元(エール)》の血族である側近のガブリエルが第七特区へと来訪。事件は加速度的に展開していく。湊は、ガブリエルやミカエルとのやりとりの中で、《天元(エール)》の真の思惑を知ることになるが……?
本当の“理想郷”とはいったい何なのか。そして、ミカエルの隠された過去とは。湊は古き縁を呼び起こし、最大の敵の前に立ち上がる。
遙か遠き異郷幻想譚、第四幕。“親子”の絆を思い出すとき、真の力が解放される!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
神祖“源仙”との一件で学んだことを糧に、「人と神の共存」を模索していく湊たち。久方ぶりの平穏もつかの間、第七特区ではある奇妙な病気が蔓延し始めていた。調査に乗り出した湊たちは、神祖“天元”の治める第一特区“天穣の楽園”からもたらされる果実の存在を知る。そんな中で、“天元”の血族であるガブリエルが第七特区へと来訪。湊は、ガブリエルやミカエルとのやりとりを経て、“天元”の真の思惑に至る。本当の“理想郷”とは何なのか。そして、ミカエルの隠された過去とは?遙か遠き異郷幻想譚、楽園に惑う第四幕!

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ