日中戦争は中国の侵略で始まった[阿羅健一]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

日中戦争は中国の侵略で始まった
阿羅健一

993円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 日中戦争は中国の侵略で始まった 324円
紙書籍版 日中戦争は中国の侵略で始まった 993円

商品基本情報

  • 発売日:  2016年02月25日頃
  • 著者/編集:   阿羅健一
  • 出版社:   悟空出版
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  287p
  • ISBNコード:  9784908117220

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本人はなんとなく「日中戦争は日本の侵略戦争だった。中国には謝罪すべきだ」と思っていないか。昭和十二(一九三七)年八月十三日、在留邦人三万人が逃げ込んだ上海の日本租界に、突如約五万人の中国軍精鋭部隊が、条約を破って襲いかかった。守るはたった四千人の海軍特別陸戦隊…。ここから日本兵四万人以上の死傷者を出した三か月に及ぶ大激戦が始まった。日本軍の南京攻略は侵略ではなかった!

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 知多半島に眠る兵士たちの石像/第1章 上海の死闘/第2章 中国のドイツ軍事顧問団/第3章 大消耗戦になった上海での戦い/第4章 日独防共協定と日本の抗議/第5章 中国軍潰走とドイツ顧問団のその後

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
阿羅健一(アラケンイチ)
近現代史研究家。1944年、仙台市生まれ。東北大学文学部卒。近代アジア史を中心に研究を続ける。南京事件の専門家。「日本の名誉を守る国民の会」会長ほか保守派の論壇人として活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 欲しかった本です。
    とくさん0742
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年03月07日

    上海海軍特別陸戦隊の奮闘ぶりが生き生きと書かれている。

    1人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

993円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ