ワーグナー・ブームと明治日本-近代日本の音楽移転
  • Googleプレビュー

明治のワーグナー・ブーム 近代日本の音楽移転 (中公叢書)
竹中亨

2,484円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年04月
  • 著者/編集:   竹中亨
  • レーベル:   中公叢書
  • 出版社:   中央公論新社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  395p
  • ISBNコード:  9784120048418

商品説明

【内容情報】(出版社より)
西洋音楽に文明を見た明治の人々。洋楽は日本人の感性をどう変えて行ったのか。奇態なワーグナー・ブームが語る文化受容のドラマ。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
西洋音楽が日本にもたらされて一五〇年。日本人は洋楽を短期間に、徹底して取り入れたが、これは世界にも稀な事例なのだ。では、どのようにして洋楽を是とする価値観が生まれ、新しい感性が習得され、コンサートなどの実践が受け入れられたのか。世紀転換期の明治末、宗教学者・姉崎正治(嘲風)の雑誌論文に端を発する「ワーグナー・ブーム」は、日本の洋楽受容の縮図と言っていい。洋楽の流入経路、それに関わった役人や学者、音楽家、「お雇い」教師たちの意図と役割を詳細に辿り、日本近代化のもう一つの流れを描き出す鮮やかな社会文化史。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 明治のワーグナー・ブーム/第1章 シューマンの「薩摩潟」/第2章 文明国にふさわしい響き/第3章 「敗者」たちの洋楽/第4章 「お雇い」の奮闘/第5章 二人の洋楽徒ー留学・栄達・屈折/第6章 洋楽と明治のハビトゥス/補章 「ワーグナー」はどこから来たか/第7章 「時代閉塞」を打破するタンホイザー/終章 頭を通して聴く音楽

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
竹中亨(タケナカトオル)
1955年、大阪市に生まれる。京都大学大学院文学研究科博士前期課程修了。東海大学文学部助教授などを経て、大阪大学大学院文学研究科教授。博士(文学)。専門はドイツ近現代史、日独文化移転史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,484円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ