これからのマルクス経済学入門[松尾匡]
  • Googleプレビュー

これからのマルクス経済学入門 (筑摩選書)
松尾匡

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年03月14日頃
  • 著者/編集:   松尾匡橋本貴彦
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  236p
  • ISBNコード:  9784480016362

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
搾取と貧困が深刻化する今、「階級」「疎外」「労働価値説」「唯物史観」といった、マルクス経済学の基礎概念を再検討し、現代的な意義を明らかにする、画期的な書!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 階級と所有(階級的な見方vsアイデンティティ的な見方/支配階級とは、剰余の利得者か、それとも生産の支配者か ほか)/第2章 疎外論と唯物史観(フォイエルバッハの宗教批判を引き継ぐ疎外論の図式/疎外が起こる原因とその克服の条件 ほか)/第3章 投下労働価値概念の意義(価格の規定因としての労働価値説は成り立たない/労働価値概念の社会的労働配分把握という意義 ほか)/第4章 マルクス経済学で日本社会を数量分析する(投下労働価値による数量分析/投下労働価値と総労働配分 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
松尾匡(マツオタダス)
1964年生まれ。神戸大学大学院経済学研究科博士課程後期課程修了。博士(経済学)。専門は理論経済学。現在、立命館大学経済学部教授

橋本貴彦(ハシモトタカヒコ)
1975年生まれ。立命館大学大学院経済学研究科博士課程後期課程修了。博士(経済学)。経済統計学とマルクス経済学を専攻。現在、立命館大学経済学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,620円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ