異端の古代史(7)(仮)[関裕二]
  • Googleプレビュー

蘇我氏の正義真説・大化の改新 異端の古代史7 (ワニ文庫)
関裕二

739円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年04月20日頃
  • 著者/編集:   関裕二
  • レーベル:   ワニ文庫
  • 出版社:   ベストセラーズ
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  263p
  • ISBNコード:  9784584393925
  • 注記:  『「入鹿と鎌足」謎と真説』加筆修正・再編集・改題書

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
蘇我入鹿が暗殺された乙巳の変に始まる大化の改新。天皇家をないがしろにし、外戚として権勢を欲しいままにした蘇我入鹿を排除することが改革の始まりだったとされるが、果たして入鹿は大悪人だったのだろうか?近年盛んに取り沙汰されているのは、七世紀の改革事業は蘇我氏によって推し進められていたのではないか、ということである。すなわち、聖徳太子や蘇我氏が律令制度の先鞭をつけ、その後、中臣鎌足の末裔がこの事業を引き継ぎ、完成させていた疑いも出てきたのだ。古代史最大の転換点となった大化の改新の真実の歴史を詳らかにする!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「蘇我の都」飛鳥の謎(なぜ日本人は「飛鳥」に郷愁を感じるのか/飛鳥は都にふさわしい地ではなかった? ほか)/第2章 蘇我入鹿の正義(解明されてきたヤマト建国の経緯/中央集権国家の嚆矢は五世紀の雄略天皇 ほか)/第3章 中臣鎌足の正体(中臣鎌足の出自がよくわからない不思議/中臣氏と蘇我氏の祖の「記紀」での扱い ほか)/第4章 入鹿と鎌足ー逆転の図式(聖徳太子一族と蘇我氏の本当の関係/聖徳太子は守旧派・蘇我馬子に干された? ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
関裕二(セキユウジ)
1959年生まれ。歴史作家。日本古代史を研究。古代をテーマに執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2018年12月03日 - 2018年12月09日)

     :第-位( - ) > 文庫:第8227位(↑) > 人文・思想・社会:第7444位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

739円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ