日本が中国の属国にさせられる日[副島隆彦]
  • Googleプレビュー

日本が中国の属国にさせられる日 迫り来る恐怖のシナリオ
副島隆彦

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 日本が中国の属国にさせられる日 1,296円
紙書籍版 日本が中国の属国にさせられる日 1,620円

商品基本情報

  • 発売日:  2016年03月25日頃
  • 著者/編集:   副島隆彦
  • 出版社:   ベストセラーズ
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  271p
  • ISBNコード:  9784584137116

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本人が、今も共産主義を恐がり、イヤがるのには深い理由がある。中国とロシアの、血塗られた残虐な革命の歴史を肯定することはできない。あれらは、やってはいけなかった人類史の実験だったのだ。案の定、大失敗した。今、アラブ世界で起きているIS「イスラム国」という過激派たちの出現の問題もよく似ている。私たちは、それでもなお、日本に迫り来る共産・中国の巨大な力を、正確に測定して感情に走ることなく、冷静に対策を立てなければいけない。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本が中国の属国にさせられる日/第2章 反共主義という信念/第3章 中国がつくった新しい経済学/第4章 社会主義、共産主義は何を間違ったのか/第5章 暴力革命を否定したマルクス/第6章 中国共産党も確かにこんなにヒドいことをしてきた

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
副島隆彦(ソエジマタカヒコ)
評論家。副島国家戦略研究所(SNSI)主宰。1953年、福岡県生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授等を歴任。政治思想、法制度、金融・経済、社会時事、歴史、英語研究、映画評論の分野で画期的な業績を展開。「日本属国論」と米国政治研究を柱に、日本が採るべき自立の国家戦略を提起、精力的に執筆・講演活動を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    2. 2
      最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法
      最短の時間で最大の成果を手に入れる 超…

      メンタリストDaiGo

      1,512円(税込)

    3. 3
      FACTFULNESS(ファクトフルネス)
      FACTFULNESS(ファクトフルネス)

      ハンス・ロスリング

      1,944円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書
      【入荷予約】一度読んだら絶対に忘れない…

      山崎 圭一

      1,620円(税込)

    5. 5
      ブチ抜く力
      ブチ抜く力

      与沢 翼

      1,728円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ