本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 写真集・タレント > その他

木村伊兵衛 パリ残像
木村伊兵衛

2,530(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2016年04月16日頃
  • 著者/編集:   木村伊兵衛(写真)
  • 出版社:   クレヴィス
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  194p
  • ISBN:  9784904845622

よく一緒に購入されている商品

  • 木村伊兵衛パリ残像[木村伊兵衛]
  • +
  • 木村伊兵衛のパリポケット版[木村伊兵衛]
  • 木村伊兵衛 パリ残像
  • 木村伊兵衛

2,530円(税込)

在庫あり

1,760円(税込)

在庫あり

合計 4,290円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

戦後間もない日本では海外渡航がきわめて難しく、芸術の都パリは遠い遙かな夢の世界。1954年(昭和29)初めて念願のヨーロッパ取材が叶った木村伊兵衛は、ライカのカメラと開発されたばかりの国産カラーフィルムを手に渡仏。そこで写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンやロベール・ドアノーと出会い、生きたパリの街並みと下町の庶民のドラマを撮影した。木村作品のなかでもとりわけ異色なカラー表現されたパリ。往時の魅力が写された117点を収載。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

カラーで写し撮る1950年代のパリ。

目次(「BOOK」データベースより)

ESSAY/1 パリの街角/2 素顔のパリっ子/3 安らぐパリ/4 華やぐパリ/ESSAY

著者情報(「BOOK」データベースより)

木村伊兵衛(キムライヘエ)
1901年(明治34)、東京市下谷の紐職人の家に生まれる。子供の頃から写真に興味を持ち、京華商業に進学はしたが寄席や芸者置屋に出入りする一方、写真に熱中した。卒業後に砂糖問屋の台湾支店に就職。そこでも仕事場近くの写真館に出入りし営業写真の技法を教わる。1922年、東京にもどりアマチュア写真クラブに入会、自宅に写真館を開く。1930年、ライカを入手し花王石鹸の広告部門でプロ写真家として活動を開始。翌年東京で開催された「独逸国際移動写真展」に大きな衝撃を受け、リアリズムの写真表現を確信する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年06月03日 - 2024年06月09日)

     :第-位( - ) > 写真集・タレント:第539位(↑) > その他:第124位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと15

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ