[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
倫敦塔/幻影の盾改版
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

倫敦塔/幻影の盾改版 (新潮文庫)
夏目漱石

539(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2008年10月
  • 著者/編集:   夏目漱石夏目漱石
  • レーベル:   新潮文庫
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  307p
  • ISBNコード:  9784101010021

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
イギリス留学中に倫敦塔を訪れた漱石は、一目でその塔に魅せられてしまう。そして、彼の心のうちからは、しだいに二十世紀のロンドンは消え去り、幻のような過去の歴史が描き出されていく。イギリスの歴史を題材に幻想を繰りひろげる「倫敦塔」をはじめ、留学中の紀行文「カーライル博物館」、男女間における神秘的な恋愛の直観を描く「幻影の盾」など七編をおさめる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
倫敦塔/カーライル博物館/幻影の盾/琴のそら音/一夜/薤露行/趣味の遺伝

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
夏目漱石(ナツメソウセキ)
1867-1916。江戸牛込馬場下(現在の新宿区喜久井町)に生れる。帝国大学英文科卒。松山中学、五高等で英語を教え、英国に留学した。留学中は極度の神経症に悩まされたという。帰国後、一高、東大で教鞭をとる。1905(明治38)年、『吾輩は猫である』を発表し大評判となる。翌年には『坊っちゃん』『草枕』など次々と話題作を発表。’07年、東大を辞し、新聞社に入社して創作に専念。『三四郎』『それから』『行人』『こころ』等、日本文学史に輝く数々の傑作を著した。最後の大作『明暗』執筆中に胃潰瘍が悪化し永眠。享年50(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(28件)

総合評価
 3.5

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年02月26日

    ドラマ「夏目漱石の妻」の影響で購入。今まで読まず嫌いだったのがもったいなかったな。面白かったです。

    0人が参考になったと回答

  • 漱石
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2013年02月19日

    漱石のロンドン時代を知りたくて購入しました。短編集ですが、ちょっと読みにくいものが多いですね。”趣味の遺伝”は、筋立てがわかりやすく、文体も読みやすいので面白かったです。

    0人が参考になったと回答

  • 漱石
    flclover8732
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2009年07月05日

    漱石が好きなので購入。
    やはり表題作の倫敦塔は良い作品です。幻想的な漱石の世界が垣間見れるのではないでしょうか。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      むすびつき
      むすびつき

      畠中 恵

      693円(税込)

    2. 2
      おもかげ
      おもかげ

      浅田 次郎

      924円(税込)

    3. 3
      ノーマンズランド
      ノーマンズランド

      誉田哲也

      858円(税込)

    4. 4
      【予約】後宮の烏 5
      【予約】後宮の烏 5

      白川 紺子

      682円(税込)

    5. 5
      JR上野駅公園口
      JR上野駅公園口

      柳 美里

      660円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ