生命にとって酸素とは何か
  • Googleプレビュー

生命にとって酸素とは何か 生命を支える中心物質の働きを探る (ブルーバックス)
小城勝相

928円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2002年01月
  • 著者/編集:   小城勝相
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  215,
  • ISBNコード:  9784062573573

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
全身の細胞にくまなく行き渡り、エネルギーを供給する。-まさに酸素は、生命の活動力の源だ。だが、ひとたび活性酸素となれば、がんを引き起こし、血管を傷め、果ては老化を促進させる、厄介な敵役でもある。そんな活性酸素のアグレッシブな攻撃性を、生命は外部から侵入した細菌を殺す武器としても使っている…。一筋縄ではいかない酸素と生命の複雑な関係を、体内の化学反応の中心として捉え直す。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 酸素と生命の関わり/第2章 酸素とはどのような物質か?-酸素が関わる現象を見る/第3章 酸素と関わる生体分子/第4章 生物は酸素をどのように利用しているか/第5章 細胞と活性酸素の攻防/第6章 活性酸素はどんな病気を起こすか?/第7章 活性酸素を利用する

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小城勝相(コジョウショウスケ)
1948年、吹田市生まれ。1970年、京都大学工学部合成化学科卒業。京都大学大学院博士課程、九州大学薬学部奨励研究員、マサチューセッツ工科大学(MIT)博士研究員、京都大学医学部助手、兵庫教育大学助教授を経て、現在、奈良女子大学生活環境学部教授。薬学博士。専門は、分子栄養学、生物有機化学。生体内のラジカル反応、それを調節するビタミンや化学物質、細胞死、肝再生、不斉誘導などを化学的に的確・簡潔に解析する「俳句ケミストリー」を実践している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

928円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      バカ論
      バカ論

      ビート たけし

      777円(税込)

    2. 2
      応仁の乱
      応仁の乱

      呉座勇一

      972円(税込)

    3. 3
      ハーバード日本史教室
      ハーバード日本史教室

      佐藤 智恵

      885円(税込)

    4. 4
      日本史の内幕
      日本史の内幕

      磯田 道史

      907円(税込)

    5. 5
      不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか
      不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗し…

      鴻上 尚史

      950円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ