内定者が本当にやった究極の自己分析’18年版
  • Googleプレビュー

内定者が本当にやった究極の自己分析(’18年版)
阪東恭一

1,296円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年04月25日頃
  • 著者/編集:   阪東恭一
  • 出版社:   成美堂出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  183p
  • ISBNコード:  9784415222400
  • 注記:  付属資料:別冊1

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
何をやりたいかわからない、エントリーシートがうまく書けない、そんなあなたに必要な自己分析の方法をわかりやすく解説。就活1冊目はこの本で決まり!自分の適性や強みがこの1冊でわかる!有名企業内定者続出!のノウハウを収載。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 自己分析で自分の「適性」を知る/1章 自己分析の基本ー自分史を作り、自らのパーソナリティを知る/2章 性格診断アプローチーQ&Aから自己アピールのポイントを見つける/3章 自己分析の「エントリーシート」「面接」への活用法/4章 内定者実例ー私は自己分析を軸に、こうして就職活動を乗り切った/5章 業界研究ーあの業界・職種は、こんな人に向いている/6章 就職活動で気をつけたい12のポイント

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
阪東恭一(バンドウキョウイチ)
経済ジャーナリスト。元毎日新聞・朝日新聞両記者。1957年生まれ。早稲田大学第一文学部社会学科卒。新潮社に入社。週刊新潮編集部に編集者として5年在籍、政治、事件などを主に担当。1986年、毎日新聞社に入社、サンデー毎日記者、船橋支局・千葉支局記者に。さらに1988年、朝日新聞社に転職し、東京社会部で活躍。その後、フリージャーナリストとして金融・経済問題で活躍。就職活動の指導としては、一橋大学、立正大学、東海大学、琉球大学、早稲田マスコミセミナーで講師を務めたあと、1992年に「阪東100本塾」を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,296円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ