鉄道地図の「謎」
  • Googleプレビュー

鉄道地図の「謎」 路線図に隠された鉄道の憂鬱
所沢秀樹

1,870円(税込)送料無料

【消費税率変更】10月1日以降に出荷する商品は10%の消費税を適用させていただきます

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2002年02月
  • 著者/編集:   所沢秀樹
  • 出版社:   山海堂
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  271p
  • ISBNコード:  9784381104236

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
たんねんに「鉄道地図」をながめていると、さまざまな疑問につきあたる。「どうしてこんなに使いにくい路線図になってしまったのか?」「同じような赤字路線なのにどうして片方だけ廃止されてしまったのか?」「3000キロも鉄道路線が減ってしまったのはどこに問題があったのか?」等々、それらを調べていくと政治に翻弄された鉄道の『悲哀』が見えてくる。本書はこういったオモテ事情・ウラ事情を、歴史的な背景を押さえつつ、肩がこらない読み物として紹介していく。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「鉄道地図」の拡張と衰退(寂しくなった鉄道地図/ローカル線退治の首謀者、「国鉄再建法」/長大なローカル新線を生んだ、改正「鉄道敷設法」の功罪 ほか)/第2章 官と民と「鉄道地図」(勢力をのばす明治時代の私鉄/官設か私設かで揺れる明治政府の葛藤/明治後期に起こった鉄道地図大統合の変 ほか)/第3章 信条なき「鉄道地図」の行方(私鉄の解体と日本国有鉄道の誕生/北陸鉄道の戦後史にみる時代の趨勢/ついにやってきた「国鉄改革法」と鉄道地図大解体のとき ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
所沢秀樹(ショザワヒデキ)
1960年東京都生まれ。神戸市在住。日本工業大学卒業。中学時代に列車の一人旅で日本全国を巡り、その後も列車、路線バス、船の旅を続ける。それが縁で、旅および鉄道をテーマとした執筆活動に入り現在に至る。交通全般、日本全国の地理・歴史・風土などの研究も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,870円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ