本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > ビジネス・経済・就職 > 産業 > 商業

生まれ変わるデザイン、持続と継続のためのブランド戦略 老舗のデザイン・リニューアル事例から学ぶ、ビジネスのためのブランド・デザインマネジメント
ウジトモコ

2,200(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

本書は、天保元年創業の老舗まんじゅう屋のデザイン・リニューアル案件をメインの実例にとり、ブランド・デザイン・マネジメントについて、知っておきたい考え方と重要性を解説します。現在、地方創生が政策としても推進され、インバウンド需要や六次産業化によって、地域ブランドの新設やリニューアルが日本中で起こっています。また、時の流れとともに縮小を余儀なくされる市場もあります。それらの施策をより持続可能なプロジェクトにする成功の鍵が、拡張可能なデザインシステムとデザイン・ガイドラインの活用です。ただ作っては捨ててしまうだけのデザインではなく、ブランドの「今」を守りながら新しい挑戦をして生き残っていくために必須のデザイン戦略について、現役アートディレクターの著者が成功実例を挙げながら紐解きます。使えば使うほど資産としての価値が上がるデザインを作り、育て、ブランドを守りながら未来を生き抜くための戦略をまとめた1冊です。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

地域ブランディングにも有効なデザイン・リニューアルの最先端事例を、ストーリー&ロジックで紹介!実例で紐解く、デザインによる問題解決。ビジネスマンのためのデザインの教科書。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 アイデンティティを再定義すると世界が変わる!(「老舗」のためのデザイン・リニューアル/デザイン戦略視点でリニューアルを考える ほか)/第2章 「デザイン・リニューアル」で売り上げをあげるしくみ(デザインシステムを構築する/コミュニケーション・デザインを考える ほか)/第3章 デザインを生むプロセス(模索ー周辺情報とデザイン・コンセプトをリンクさせる/創造ー方向性を決めてクリエイティビティを高める ほか)/第4章 スケーラブル&ダイナミック・アイデンティティの実装(未来を見据えたロゴ・アイデンティティを考える/様々なメディアにフィットするロゴデザインを考える ほか)/第5章 世界で一番小さい(ミニマムな)デザイン・ガイドラインを作ってみよう(アイデンティティを定義しよう/主軸となるグラフィック(エレメンツ)を決めよう ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

ウジトモコ
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。広告代理店および制作会社にて、大手企業のクリエイティブを担当。1994年ウジパブリシティー設立。デザインを経営戦略として捉え、採用、販促、ブランディングなどで飛躍的な効果を上げる「視覚マーケティング」の提唱者。ノンデザイナー向けデザインセミナーも多数開催。「福島美味ブランドプロジェクト」アートディレクター。かごしまデザインアワード審査員。山口県防府市「幸せますブランド」契約アートディレクター。「鳥取みらい」アドバイザー。株式会社ウジパブリシティー代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 3.33

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ