本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍
金持ちは、なぜ高いところに住むのか[アンドレアス・ベルナルト]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 建築学

金持ちは、なぜ高いところに住むのか
アンドレアス・ベルナルト

3,080円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
世界がまさに20世紀へ突入しようとする頃、人々の生活に革命を起こす「箱」が現れたーヨーロッパとアメリカの建築の比較を通して、空間の意味そのものを変えてしまった装置の歴史をたどる。現代へと続く風景の元を築いた「宙吊りの密室」の物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序(多層建築のイメージ/一八五四年ニューヨークー技術史において唯一の始まりを語れるのか/エレベーター事故ーロープに対する不信感)/第1章 裂け目ーエレベーターによる垂直の構築(縦穴の理論/直線化の建築様式/階のあいだの無ーエレベーターの不連続原理について)/第2章 階 屋根裏部屋からペントハウスへーエレベーターと建物の垂直秩序(グランドホテル/貧しき詩人たち、世をはばかる夫婦ー屋根裏部屋、一八三九年/階の病理学ー集合賃貸住宅に対する衛生推進者たちの戦い/世紀転換期の文学における屋根裏部屋の意味/変容のコンセプト)/第3章 インターフェイスー制御技術(名人芸と責任ー世紀転換期におけるエレベーター乗務員の立場/押しボタン式コントロールと自動運転への道/補論ー押しボタンに関するささやかな心理学的考察)/第4章 内装 エレベーターボックスー親密性と匿名性の交錯点(公の空間か私的な空間かー階段室という問題/異物から建物の核へー建物内部へのエレベーターの同化/都市化と空間への怖れー閉所恐怖症の触媒としてのエレベーター/エレベーターの政治性/エレベーターの語りの機能ー文学、映画、テレビCM)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ベルナルト,アンドレアス(Bernard,Andreas)
ドイツ・ミュンヘン大学で学んだ後、南ドイツ新聞に勤務。ヴァイマール大学メディア学部で博士号を取得した後、コンスタンツ大学、ベルリン文学・文化研究センター研究員を経て、リューネブルク大学デジタル文化センター教授

井上周平(イノウエシュウヘイ)
明治大学文学部史学地理学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。専門は近世ドイツ史および医療史。現在、立教大学・獨協大学・関東学院大学ほか非常勤講師

井上みどり(イノウエミドリ)
学習院大学文学部史学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。専門は中世ドイツ史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ