BRODY(ブロディ)VOL.62016年07月号[雑誌]

BRODY (ブロディ) VOL.6 2016年 07月号 [雑誌]
白夜書房

693円(税込)送料無料

この雑誌の他の号を見る

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品基本情報

  • 発売日:  2016年06月15日
  • 出版社:  白夜書房
  • サイズ:  A4
  • 楽天ブックス雑誌コード:  13376
  • JANコード:  4910133760763

商品説明

【表紙】
乃木坂46 西野七瀬

【付録】
西野七瀬・乃木坂46全員集合 W面特大ポスター

【特集】
●乃木坂46オールスターズ降臨スペシャル
・西野七瀬“体温”グラビア&インタビュー
気高い猫のようなエースが語る「私が孤独を忘れられる場所」
・「乃木坂46×深川麻衣」スペシャルコラボグラビア
深川麻衣・白石麻衣・高山一実・齋藤飛鳥・松村沙友理・衛藤美彩・桜井玲香・川後陽菜・生田絵梨花・生駒里奈・伊藤万理華・橋本奈々未
・秋元真夏×若月佑美
「問われる勇気」

●レボリューション・グラビア
・久松郁実「SUMMER BOMB」
・太田夢莉(NMB48)「STAND BY ME」
・渡邉理佐(欅坂46)「邂逅」

●スペシャル・インタビュー
・向井地美音×込山榛香(AKB48)
「私たちが始める新しい時代」
・光宗薫「自分には何もなかった」[聞き手・吉田豪]
・塩ノ谷早耶香「『歌』にこめる思い」
・ロッカジャポニカ「青春を謳歌する五人組」
・ECD「キャリア30年の真実」

●スペシャル・ドキュメント
・『AKB48裏ストーリー 込山榛香17歳、新たな希望』 歴史的傑作ドキュメンタリー誕生秘話
「制作スタッフが語る成し遂げた『原点回帰』とその理由」

●リアル・レポート
・横山由依(AKB48)「総監督、熱演。」

●コラム
・グラビアカメラマン・フリートーク 桑島智輝
・芸能界秘食探訪「俺の推しメシ」今野義雄(乃木坂46・欅坂46運営委員会 委員長)

【内容紹介】
【表紙】
乃木坂46 西野七瀬

【付録】
西野七瀬・乃木坂46全員集合 W面特大ポスター

【特集】
●乃木坂46オールスターズ降臨スペシャル
・西野七瀬“体温”グラビア&インタビュー
気高い猫のようなエースが語る「私が孤独を忘れられる場所」
・「乃木坂46×深川麻衣」スペシャルコラボグラビア
深川麻衣・白石麻衣・高山一実・齋藤飛鳥・松村沙友理・衛藤美彩・桜井玲香・川後陽菜・生田絵梨花・生駒里奈・伊藤万理華・橋本奈々未
・秋元真夏×若月佑美
「問われる勇気」

●レボリューション・グラビア
・久松郁実「SUMMER BOMB」
・太田夢莉(NMB48)「STAND BY ME」
・渡邉理佐(欅坂46)「邂逅」

●スペシャル・インタビュー
・向井地美音×込山榛香(AKB48)
「私たちが始める新しい時代」
・光宗薫「自分には何もなかった」[聞き手・吉田豪]
・塩ノ谷早耶香「『歌』にこめる思い」
・ロッカジャポニカ「青春を謳歌する五人組」
・ECD「キャリア30年の真実」

●スペシャル・ドキュメント
・『AKB48裏ストーリー 込山榛香17歳、新たな希望』 歴史的傑作ドキュメンタリー誕生秘話
「制作スタッフが語る成し遂げた『原点回帰』とその理由」

●リアル・レポート
・横山由依(AKB48)「総監督、熱演。」

●コラム
・グラビアカメラマン・フリートーク 桑島智輝
・芸能界秘食探訪「俺の推しメシ」今野義雄(乃木坂46・欅坂46運営委員会 委員長)

商品レビュー

  • ある意味で「風を着替えて」より上質かも。
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年10月31日

    黒のドレスに身を包み、やや挑発的なポーズでアンニュイな表情を見せる西野七瀬。その背景はショッキング・イエローで、これまでとは違う何かを感じさせる表紙が何とも印象的だ。巻頭のグラビアの15ページ目で、その黄色全体の正体が明らかとなる。それにしても、カメラマン氏の指示を受けて、ただ可愛らしい笑顔だけではない「背伸び」を見せる西野には、素直に好印象をもった。あとのインタビューを覗くと、知らず知らずのうちに孤独に慣れ、都会の一角でひっそりと暮らすお嬢さんの印象は相変わらずで、ほっとしつつも若干心配になった。これが彼女特有の、ファンに「守ってあげなければ」を掻き立てる不思議な魅力なのかと納得した次第。何かと誤解されやすい西野には、そのとき顔に現れる気分よりも「こころのうち」を深く理解する知己が男女を問わず必要なのだろう。尤も、本人がその必要を感じなければ、老婆心も「大きなお世話(笑)」となるが、それでも気になる存在であることは変わらない。ところで、グループを卒業した深川麻衣とメンバーたちとの連続ツーショットはとても微笑ましく、彼女の優しい人柄がほんのりと感じられる好企画だ。そして、秋元真夏と若月佑美の対談は、二人の冷静な分析とグループの行く末を思う誠実さがよく表れていて感心した。

    0人が参考になったと回答

  • BRODY (ブロディ) VOL.6 2016年 07月号
    ぱななの
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2016年07月13日

    BRODY (ブロディ) の内容は、46グループよりでよいです!
    写真も綺麗だし

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:音楽・芸能

    ※1時間ごとに更新

    このページの先頭へ