楽天Kobo初めての方限定!条件達成で300円OFFクーポンプレゼント!
現在地
トップ >  > 医学・薬学・看護学・歯科学 > 臨床医学一般 > 診断学一般
もっとも新しい重症患者の早期離床の考えかた改訂第2版鎮静管理とリハビリテーション(ICNRBOOKS)[卯野木健]
  • Googleプレビュー

もっとも新しい重症患者の早期離床の考えかた 改訂第2版 鎮静管理とリハビリテーション (ICNR BOOKS)
卯野木 健

2,640(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

ICUの患者回復の要は早期離床である.重症度の高さに加え,鎮静により意識のない患者は身体機能が低下しており,離床へのステップは困難である.鎮静を切るとの逆の発想を軸とし,ICUにおける離床の進め方の最善策を基本と実践のなかで具体的に示す.

内容紹介(「BOOK」データベースより)

重症患者にかかわるすべての看護師・理学療法士必携の1冊!

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 これからの“ICUにおける離床”の考えかたー患者は自分で日常生活のケアを行える/第2章 将来、重症患者に起こりうることー回復後のQOL低下(ICU退室後の患者のQOLはどうなっている?/ICU退室後の患者の身体機能の問題/ICU退室後の患者の精神的な問題)/第3章 今、重症患者に起きていることー重症疾患の筋骨格系への影響(重症患者の筋力低下(ICU-AW)とその影響/不動が筋骨格系に及ぼす影響)/第4章 今、重症患者にできることー鎮静管理と早期離床(早期回復を導く鎮静管理の具体策ー“患者自身”がADLを上げられる/早期離床の考えかたー覚醒と早期リハの実践)/第5章 重症患者の早期リハビリテーションの実際ー鎮静管理と早期離床によるQOL向上(早期リハを行うために必要な筋骨格系(関節可動域)に関する基礎知識/ICUで安全に行う離床の手技ー臥位から坐位、坐位から立位へ)

著者情報(「BOOK」データベースより)

卯野木健(ウノキタケシ)
筑波大学附属病院ICU/PICU/HCU/ER統括看護師長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:医学・薬学・看護学・歯科学

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ