本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > その他

政府はもう嘘をつけない(1) (角川新書)
堤 未果

880(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2016年07月07日頃
  • 著者/編集:   堤 未果(著)
  • レーベル:   角川新書
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  304p
  • ISBN:  9784040820927

商品説明

内容紹介(出版社より)

世界を揺るがす「パナマ文書」の知られざる真相、カネの流れを辿れば見えてくるアメリカ大統領選の本質、憲法改正の入り口としての緊急事態条項をはじめ日本に忍びよる強権的「ファシズム」の怖さ、ISDS条項をはじめTPPに埋め込まれたた罠……。世界でも日本でも、違和感だらけの世界が広がっているーー。でも、大丈夫! 政府がシステムで国民を縛るなら、私たちはシステムの外で動き出せばいい。世界でも日本でも、新しいうねりが動き始めている。今こそ、脳内世界地図を更新し、取るべき行動があなたにはある!

内容紹介(「BOOK」データベースより)

パナマ文書のチラ見せで強欲マネーゲームは最終章へ。「大統領選」「憲法改正」「監視社会」「保育に介護に若者世代」。全てがビジネスにされる今、嘘を見破り未来を取り戻す秘策を気鋭の国際ジャーナリストが明かす。

目次(「BOOK」データベースより)

プロローグ 「パナマ文書の何が悪い?-慌てるアホウに笑うアホウ」/第1章 金の流れで「アメリカ大統領選挙」が見える!/第2章 日本に忍びよる「ファシズムの甘い香り」/第3章 違和感だらけの海外ニュースも「金の流れ」で腑に落ちる/第4章 「脳内世界地図」をアップデートせよ!/エピローグ 「18歳選挙ーどんな未来にしたいですか?」

著者情報(「BOOK」データベースより)

堤未果(ツツミミカ)
国際ジャーナリスト。東京都生まれ。ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号取得。国連、アムネスティ・インターナショナルNY支局員、米国野村證券を経て現職。日米を行き来し、各種メディアで発言、執筆・講演活動を続けている。多数の著書は海外で翻訳されている。『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』で日本ジャーナリスト会議黒田清新人賞、『ルポ 貧困大国アメリカ』(3部作、岩波新書)で日本エッセイストクラブ賞、新書大賞受賞。近著に『沈みゆく大国アメリカ』(2部作、集英社新書)、『政府は必ず嘘をつく 増補版』(角川新書)がある。

関連特集

商品レビュー(26件)

総合評価
 4.36

ブックスのレビュー(6件)

  • 新自由主義の社会の恐怖を知る
    he_businpapa
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年04月15日

    多国籍企業の存在感が、国民国家を上回る勢いになっている現在の政界情勢を、具体的な事例を中心にして解説されています。
    「今だけ金だけ自分だけ」という多国籍企業の姿勢の中で、単なる一市民としてどのように社会に向き合っていけばよいのかを考えさせられました。
    知らないと自分の置かれた立場を勘違いしてしまいそうになります。
    現在、仕事でつらい思いをされている方は、是非とも政治に興味を持って一緒に行動しましょう。

    14人が参考になったと回答

  • 政治、経済に興味を持って
    ムサシ1881
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年08月23日

    アメリカナイズされつつある日本に警鐘を鳴らす。
    TPP・TTIP・TISAという3つの協定で世界の貿易を意のままにしようとしているハゲタカ多国籍企業群。
    アメリカの政治、経済がとても良く理解できます。
    また未来の日本も容易に想像できます。
    これで良いのか日本は。
    是非読んで考えてほしい一冊です。

    3人が参考になったと回答

  • もう少し早く・・・
    ミント93
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年07月12日

    相変わらず、己の無知さ加減を実感させてくれる内容です。
    各国、国としての矜持を持って居て欲しいですね。企業の欲には確りと立ち向かって欲しいです。
    どうせなら、7月の参議院選より前に読み終えるタイミングで発行して欲しかったです。
    それも、どこかの圧力?それとも、良く判らない選挙関係の法律の所為ですか?
    阿部総理の、「経済政策を確りと行っていく」と「改憲」が、恐ろしいです。
    是非、野党と公明党に頑張って頂きたいです。
    内容は、秘密裏に進められるTTPのこと。憲法や法律にこっそりと載せられる、国民への不利益な条文は、派手に討議される物の陰に有ると言うこと。0.1%を生みだしたグローバル企業の残忍さ、アメリカの大統領選、ギリシャやアイスランドの破たんなどなど。

    3人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年06月03日 - 2024年06月09日)

     :第-位( - ) > 新書:第1624位(↑) > その他:第503位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      ロジカルダイエット  3か月で「勝手に痩せる体」になる
      ロジカルダイエット  3か月で「勝手に痩…

      清水忍

      990円(税込)

    2. 2
      カラー版 名画を見る眼1
      カラー版 名画を見る眼1

      高階 秀爾

      1,364円(税込)

    3. 3
      【予約】卑怯者!
      【予約】卑怯者!

      飯山陽

      1,100円(税込)

    4. 4
      なぜ働いていると本が読めなくなるのか
      なぜ働いていると本が読めなくなるのか

      三宅 香帆

      1,100円(税込)

    5. 5
      60歳からの知っておくべき経済学
      60歳からの知っておくべき経済学

      高橋洋一

      990円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ